【自分でサイトを作る】効果の出るサイト制作のポイント10選!

【自分でサイトを作る】効果の出るサイト制作のポイント10選!

「サイト制作をしたいけどどのように作ればいいのだろう?」
「サイト制作したいけど失敗したくない」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、サイト制作のポイントについて10個も紹介していきます!

また、ブランディング用ではなくお問い合わせを増やしたいといった、集客用のHPで意識すべきポイントについて紹介します。

自分でサイトは作れる?

まず、そもそもWebサイトを自分で作れるのでしょうか?

結論から言うと、Webサイトを自分で作ることは可能です

ただし、やはり製作をスムーズに進めるにはある程度、ノウハウが必要となります。

何故なら、検索結果で上位に表示させるのに技術的なノウハウも必要だからです。

正直に言ってしまうのであれば、サイトを作るだけであれば、誰でも可能でしょう。

ただし、Webサイトを作る目的は、基本的に集客であったり多くの人に見てもらうことがほとんどかと思います。

そのため、ただ作るだけだと、SEO対策が不十分で検索結果で上位表示されることは稀です。

だからこそ、SEO対策に対してもノウハウを持った方に依頼をしてWebサイトを制作する必要があるのです。

自分で効果の出るサイトを作るには?

それでは、自分で効果の出るWebサイトを作るにはどうするのが良いのでしょう?

結論としては、自分で効果の出るWebサイトを作るのは難しいでしょう。

何故なら、先ほど説明した通り、SEOなどの効果を上げるには確実にノウハウや経験が必要だからです。

ただし、予算的に専門家に頼むのが難しいというクライアントもいるでしょう。

そういった方は、これから紹介する項目を意識して作れば、多少マシなWebサイトを作ることは可能になるでしょう。

是非参考にしてみて下さい。

もし、この記事を読んでいる方で、20万円以上の予算が捻出できるのであれば、弊社のような専門階に依頼してしまった方が最終的なコストパフォーマンスは高いでしょう。

弊社では、サイト制作から、サイトを用いたWeb集客を行っております。

Web集客に力を入れていこうと考えている方は、是非弊社にご依頼ください。

アドトラの無料相談はこちら!

動画で解説!Webサイト制作の10個のポイント!

下の動画で、今回の動画で解説している内容について紹介していますので、参考にしてみてください。

引用元:https://youtu.be/r4VLBpy5Mhw

【効果の出るサイト制作のポイント1】キーワード調査から行う

まずはサイト制作に着手する前に、キーワード調査を行いましょう。

キーワード調査とは、検索結果で狙うキーワードを見つけるということです。

例えば、「ダイエットサプリ」のWebサイトを作るのであれば、

  • ダイエット
  • 痩せる 方法
  • 筋トレ 痩せたい

などのキーワードが購入に繋がる可能性があるでしょう。

このような、購入に繋がるようなキーワードを調査して、抽出しましょう。

キーワードの調査方法

具体的なキーワードの調査方法としては、下記の2つのツールを使うことをおすすめします。

ラッコキーワードでかけ合わせのキーワードを見つけることが出来ます。

例えば、ラッコキーワードで「ダイエット」というキーワードを入稿すると、「ダイエット 方法」などのかけ合わせの関連キーワードを吐き出してくれます。

また、ラッコキーワードでは、吐き出してくれたキーワードをまとめてコピーすることが可能です。

ラッコキーワードでコピーしたキーワードを、Googleキーワードプランナーに入稿することで、それぞれのキーワードの月間検索数が吐き出されます。

Googleキーワードプランナーが吐き出した、月間検索数はExcelでダウンロードできます。

【効果の出るサイト制作のポイント2】サイト構成を作る

上記のようなキーワード調査が終わったら、サイト構成を作っていきます。

その際に、調査したキーワードとページを紐づけていきます。

例えば、TOPページでは「ダイエット サプリ」のキーワードを狙うという形です。

また、サイト構成を作る際には、内部リンクを意識する必要があります。

例えば、月間検索数の多いキーワードを狙うページには、最も多くの内部リンクを集めましょう。

何故なら、内部リンクの集まったページはサイト内での評価が高まるからです。

そのため、ヘッダーやフッターなどを活用し、内部リンクを活用しましょう。

【効果の出るサイト制作のポイント3】検索しやすいブランド名

また、サイトを制作する際には、ブランド名を乗せる場合があるかと思います。

そして、長期的にはブランド名での検索である「指名検索」を集めていく必要があります。

何故なら、現代のSEO対策では、指名検索と呼ばれる検索が増えると、サイト全体の評価を上げることが可能となります。

そのため、ブランド名は検索しやすい名前にすることをおすすめします。

検索しやすかったり、覚えやすかったりするブランド名にすることで、長期的に指名検索を増やすことが出来るようになるでしょう。

【効果の出るサイト制作のポイント4】Wordpressを使う

今日、Webサイトの30%程度がWordpressというCMS(Contents Management System)というシステムを使って、サイトが制作されています。

何故、多くのWebサイトがWordpressを利用して制作されているかというと、SEO対策がしやすいからです。

何故なら、プラグインと呼ばれる拡張システムが使えたり、アフィリエイターなどのSEO対策のプロが制作したWebサイトのテンプレートが存在するからです。

また、Wordpressは本来ブログサイトを作るシステムであるために、ブログ機能を簡単に実装することが可能です。

集客を狙うサイトであれば、ブログ記事などを制作することで集客の入り口を広げることが可能になります。

そういった、集客に使える機能をすぐに簡単に実装することが出来ることはWordpressを利用することの大きなメリットとなるでしょう。

【効果の出るサイト制作のポイント5】必要ないページは作らない

また、サイト制作をするうえでは必要のないページを作らないということは重要です。

何故なら、ページ数が多ければ多いほど価格は上がってしまうからです。

そのため、集客やSEO対策、コンバージョンへの動線として意味のないページは極力作らないようにしましょう。

【効果の出るサイト制作のポイント6】ページ表示速度を上げる

最近では、SEO対策においてページ表示速度も重要であると言われています。

他にも、ページ表示速度が遅いことで、ユーザーはページが表示される前に離脱しています。

具体的には、下記のようなデータがGoogleによって開示されています。

ページ表示速度による直帰率への影響
引用元:グーグル / Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

上記の画像を簡単に解説すると、表示までに3秒かかってしまうと、1秒の場合より32%も直帰率が多くなる形です。

では、ページ表示速度を上げるにはどのようにすればよいのでしょう。

具体的には、ソースコードをシンプルにすることです。

つまり、余計なコードを書かないようにしたり、余計な空白はなくすようにするということです。

ソースコードをシンプルにすることで、余計な読み込み時間が少なくなることで、ページが表示されるまでの時間は短くなります。

他にもAMPという機能を活用するような方法もあります。

AMPについては、下の動画で詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

【効果の出るサイト制作のポイント7】ハンバーガーメニューを工夫

ハンバーガーメニューとは、スマホでWebサイトを見たときに表示されるメニューボタンです。

上記のハンバーガーメニューやヘッダー、の中にユーザーが特に気になる情報を記載したページに遷移するリンクを配置しましょう。

多くは、料金ページなどになることが多いでしょう。

何故なら、ユーザーは自分のほしい情報がすぐに見つからないと、きちんとサイトの情報を見ることなく離脱してしまうからです。

また、サイト滞在時間が短いとSEOにおける評価も下がると言われています。

つまり、ユーザーにとって使いやすいサイト構造を作りましょうということです。

【効果の出るサイト制作のポイント8】カニバリをなくす

カニバリとは、カニバリゼーションと呼ばれ、自分のサイト内で記載している情報が重複してしまうと起こる現象です。

この現象が起きると、SEOに悪影響を与えます。

つまり、検索結果で上位に表示されづらくなり、集客効果が悪くなってしまいます。

そのため、似たようなタイトルのページがないかや、同じような内容についてばかり記載しているページがないかを確認しましょう。

【効果の出るサイト制作のポイント9】サンクスページを作成

サンクスページをきちんと作成しておくことで、計測が行いやすくなります。

Webサイトを運用していく中で、お問い合わせ数などはほとんど間違いなく計測する数値になるかと思います。

そこで、サンクスページがないと、お問い合わせ数の計測をする設定が難しくなったり、正確に計測できなくなったりします。

そのため、運用しやすいサイトを作るためには、要件にサンクスページを作成&設定することは確実に盛り込むようにしましょう。

【効果の出るサイト制作のポイント10】サイトの信頼性をUP

サイトの信頼性を上げるというのは、抽象的な内容ではなく、具体的な方法があります。

それは、下記のような内容を実施することです。

  • プライバシーポリシーページの作成
  • 特商法ページの作成
  • 企業情報ページの作成

最近、Googleはサイトの権威性を評価するようになっています。

そのため、上記のような権威性を上げるページを作成するとよいでしょう。

まとめ

今回は、自分でWebサイトを制作する際に、意識するとよいのではないかというポイントについて解説させて頂きました。

これ以外にもサイト制作においては、多くの意識すべきポイントがあります。

もしこの記事を読んで、手間がかかるなと感じたのであれば、専門家に依頼してしまうことがいいでしょう。

弊社では、SEO対策や広告運用を意識したサイト制作を行います。

20万円以上の予算が捻出できるようであれば、受注可能ですのでまずはご相談ください!

20万円以下でも内容によっては可能です。

アドトラの無料相談はこちら!