レコメンドウィジェット広告とは?各種媒体も比較!

7月 10, 2020

レコメンドウィジェット広告とは?各種媒体も比較!

「レコメンドウィジェット広告とは?」
「レコメンドウィジェット広告の始め方が知りたい!」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、現在市場が急激に拡大している「レコメンドウィジェット広告」について詳しく解説したいと思います。

Contents

レコメンドウィジェット広告とは?

レコメンドウィジェット広告とは、ネイティブ広告の一種で、Webメディアの「おすすめ記事欄」などに掲載される広告のことを指します

最適なタイミングで商品のおすすめを行う形での広告形式であると言えます。

Amazonは、非常に有効に使われいる例の一つと言えます。

レコメンドウィジェット広告は、現在非常に市場が拡大しており、今後も急激に拡大していくと思っています。

レコメンドウィジェット広告の市場規模の拡大
レコメンドウィジェット広告の市場規模の拡大(引用元:デジタルインファクト)

広告媒体全般に言えますが、競合が増えると費用対効果が低くなるという傾向があります。

そのため、市場規模が伸びている中では、早いうちに着手したほうが効果がいいと言えます。

関連記事:ネイティブ広告とは?概要から活用方法について詳しく解説!

レコメンドウィジェット広告のメリット

レコメンドウィジェット広告のメリットは下記のようなものがあります。

  • 単価が安い
  • 広告感が少ない
  • 認知力向上に効果的
  • 短期間で成果が見込める

【レコメンドウィジェット広告のメリット1】単価が安い

レコメンドウィジェット広告は、単価が安いです。

何故なら、まだまだ競合が少ないからです。

また、具体的な課金方式としては、下記に2つのパターンがあります。

  • クリック課金型
  • インプレッション課金型

関連記事:バナー広告の費用相場を解説!PV単価・クリック単価それぞれ紹介!

【レコメンドウィジェット広告のメリット2】広告感が少ない

レコメンドウィジェット広告は、非常に広告感が少ないです。

何故なら、他の記事に紛れて表示される上に、遷移先も記事広告のような形となっており、広告と分かりづらいように作られるからです。

そのため、クリック率やコンバージョン率といったような数値がとてもよい傾向があります。

関連記事①:記事(タイアップ)広告とは?効果・事例・相場も合わせてご紹介!

関連記事②:バナー広告のクリック率(CTR)を徹底解説!CTRを上げる施策も大公開!

【レコメンドウィジェット広告のメリット3】認知力向上が効果的

レコメンドウィジェット広告は、商材についてあまり認知していなかったユーザーにも認知を広げやすいです。

何故なら、広告感が少なく、記事広告のような形となっており、リスティング広告などで配信した通常のLP広告よりも読んでもらいやすいからです。

ただし、明確な顕在層には配信が難しいため、口コミや成功事例、活用事例などを活用して、信頼性を向上する形での利用が効果的です。

認知力向上として活用することで、リスティング広告やSNS広告などの他の広告媒体での、効果が上がりやすくなります。

関連記事:【初心者向け】リスティング広告とは?メリット・デメリットも詳しく解説!

【レコメンドウィジェット広告のメリット4】短期間で成果が見込める

繰り返しになりますが、レコメンドウィジェット広告はまだまだ競合が少ないです。

そのため、レコメンドウィジェット広告は広告の質が多少低くても、効果が高くなりやすい傾向があります。

インプレッション数が稼ぎやすく、クリック率やコンバージョン率が高くなる傾向がありますので、短期間で効果が出やすくなる傾向があります。

レコメンドウィジェット広告のデメリット・問題点

レコメンドウィジェット広告のデメリットや問題点は下記のようなものがあります。

  • 最低料金が高い
  • 初期費用が高い
  • 運用コストが高い
  • 運用難易度が高い

【レコメンドウィジェット広告のデメリット・問題点1】最低料金が高い

レコメンドウィジェット広告の最低出稿料金は、基本的には30万円以上です。

そのため、レコメンドウィジェット広告は最低出稿料金が高く、始めるハードルが高いです。

ただし、Yahoo!ディスプレイ広告のように出稿することの出来るレコメンドウィジェット広告もありますが、配信先が基本的には制限できないというデメリットもあります

【レコメンドウィジェット広告のデメリット・問題点2】初期費用が高い

レコメンドウィジェット広告では、初期費用が高いです。

何故なら、媒体に合わせた形でのランディングページを用意することが必要だからです。

例えば、ニュースアプリでランディングページを用意しようとすると、記事LPが必要になる場合などがあります。

【レコメンドウィジェット広告のデメリット・問題点3】運用コストが高い

レコメンドウィジェット広告では、運用コストが高いです。

何故なら、商材に合わせた広告配信を行う必要があるからです。

  • 媒体選び
  • ターゲティング
  • タイトル
  • アイキャッチ画像
  • ランディングページ

のような項目を検証し、改善を行っていく必要があります。

【レコメンドウィジェット広告のデメリット・問題点4】運用難易度が高い

レコメンドウィジェット広告は、運用難易度が高いです。

何故なら、競合が少ないこともあり、運用する上での情報が非常に少ないからです。

そのため、自社で運用する中で検証を繰り返し、ノウハウを蓄積していく必要があります。

レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体比較

レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体について紹介します。

ただ、その前に知っておくべきことがあります。

それは、レコメンドウィジェット広告として非常に大きな媒体だった、「Yahoo!コンテンツディスカバリー」が2019年9月で配信が停止されております

他の記事などで、おススメされていることもありますが、停止されていますので注意しましょう。

ただし、Yahoo!ディスプレイ広告としては、おすすめ記事欄に配信することが可能です。

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体1】Outbrain

レコメンドウィジェット広告の例1 Outbrain
レコメンドウィジェット広告の例1 Outbrain

Outbrainは、世界最大のレコメンドウィジェット広告媒体です。

詳細なデータとしては、下記のような形なっています。

  • 月間ユーザー数275億人
  • 月間インプレッション数2,750億回
  • 月間リーチ数10億人

超大手メディアの為、信頼性UPには最適といえるかと思います。

ターゲティング項目1.ベーシック配信:一からターゲットを決める
2.KPIオプティマイゼーション配信:KPIを元にターゲットを決定する
3.リターゲティング配信:LPに一度訪れた人をターゲットにする
4.インタレスト拡張配信:既存顧客データを元にターゲットを決定する
費用形態クリック課金型
最低予算50万円〜
配信先例現代ビジネス、tenki.jp
その他配信可能広告特になし
ホームページOutbrain

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体2】logly lift

レコメンドウィジェット広告の例1 logly lift
レコメンドウィジェット広告の例2 logly lift

logly liftとは、月間インプレッション数120億回のレコメンドウィジェット広告の媒体です。

コンテンツの内容をきちんと理解する、優秀なアルゴリズムを採用しており、記事の内容に即したコンテンツを配信してくれます。

また、レコメンドウィジェット広告では珍しい、動画広告も配信が可能です。

ターゲティング項目デバイス、配信時間、OS、カテゴリー、配信地域etc
費用形態クリック課金型
最低予算50万円〜
配信先例ダイヤモンドオンライン、ロイター
その他配信可能広告インフィード広告
ホームページlogly lift

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体3】popIn

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体3】popIn
【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体3】popIn

poplnは日本初のレコメンドウィジェット広告です。

アジア圏に強いのが特徴です。

また、解析項目が非常に多く、下記の項目の分析結果を毎月受け取れます。

  • 読了率
  • クリック数が多かった広告掲載先ジャンル
  • クリック後のユーザー遷移

分析と検証を素早く行い、結果を出していきたいという会社におすすめの媒体です。

ターゲティング項目AIが自動でターゲティングをおこなう
費用形態クリック課金型
最低予算15万円〜
配信先例読売新聞社、食べログ
その他配信可能広告インフィード広告
ホームページpopIn

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体4】UZOU

【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体4】UZOU
【レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体4】UZOU

UZOUとは、日本最後発のレコメンドウィジェット広告の媒体です。

現在、急成長中のレコメンドウィジェット広告配信媒体です。

下記の3つの割合を指定することで、広告を配信することが可能です。

  • 文脈解析
  • 過去データ
  • 類似性

加えて、広告配信先ごとにデザインを調整することが可能で、イメージの変更などもしやすいです。

手間が他の媒体に比べて少ないため、手間をかけずに運用していきたいという方におススメの媒体です。

ターゲティング項目文脈解析・過去データ・類似性の3つの割合を指定する。
ex. 文脈解析30%、過去データ50%、類似性10%
費用形態クリック課金型
最低予算40万円〜
配信先例キャリコネニュース、女性自身
その他配信可能広告特になし
ホームページUZOU

レコメンドウィジェット広告の運用ポイント

レコメンドウィジェット広告では、運用する上で重要なポイントがいくつかあります。

それぞれについて詳しく解説します。

【レコメンドウィジェット広告の運用ポイント1】ターゲティング方法の違いをリサーチ

レコメンドウィジェット広告では、様々な媒体があるため、ターゲティング方法にも違いがあります。

例えば、logly liftでは、下記の項目でのターゲティングが可能です。

  • デバイス
  • 配信時間
  • OS
  • カテゴリー
  • 配信地域

一方で、popInでは基本的に、自動でターゲティングが行われます。

こういったターゲティング方法をきちんと把握しておくことで、適切な配信を行うことが可能になります。

【レコメンドウィジェット広告の運用ポイント2】タイトルを検証する

レコメンドウィジェット広告では、タイトルが非常に重要です。

何故なら、タイトルが広告のクリック率を上げるからです。

クリック率が高くなることで、広告の費用対効果が高くなることでしょう。

【レコメンドウィジェット広告の運用ポイント3】ランディングページを工夫

レコメンドウィジェット広告においては、配信先によってユーザーの求めている情報が異なります。

例えば、ニュースサイトでは、ビジネス系の情報を求めているユーザーが多く、特定のWebメディアなどでは、メディアのジャンルにあわせた情報を求めている。

配信先に合わせたランディングページを用意することで、高い効果を発揮することが可能です。

【レコメンドウィジェット広告の運用ポイント4】広告効果を測定する

レコメンドウィジェット広告では、広告の効果を測定することが可能です。

その測定効果から、きちんと改善を繰り返していくことで、高い費用対効果を得ることが可能となります。

また、単純な広告効果だけでなく、間接的な広告効果を測定することが必要です。

何故なら、レコメンドウィジェット広告の特徴は他の広告媒体の効果を高めるためです。

そのため、リスティング広告やSNS広告などに与える良い影響なども測定する必要があります。

アトリビューションやパスと呼ばれるデータを測定することで、間接的な効果も確認することが可能となります。

レコメンドウィジェット広告まとめ

レコメンドウィジェット広告は、他の運用型広告に比べ非常に特殊な広告媒体です。

そのため、きっちりとした事前調査を行い、広告配信を行っていく必要があります。

非常に工数のかかる広告であるがゆえに、代理店を活用することを検討するのも一つの手です。

代理店をご検討中の方は、是非弊社の無料そうだんをご利用ください!

現状の状況を丁寧にヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きます。

アドトラの無料相談はこちら!