動画広告とは?種類から事例までご紹介!

動画広告とは?種類から事例までご紹介!

「動画広告とは?」
「動画広告って何の種類があるのだろう?」
「動画広告の活用方法が知りたい!」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、動画広告の概要やメリット、種類、事例まで徹底的に解説していきたいと思います。

動画広告とは?

動画広告とは、動画を使用して商品について訴求する広告のことです。

最近ではYouTubeのような動画プラットフォームが普及してきていることから、動画広告が注目されています。

動画広告の市場規模推移(サイバーエージェント調べ)

上の画像から分かるように、動画広告の市場規模は年々増加しています。

また、動画を用意することによって配信出来る広告枠もどんどん増えているため、動画広告を利用しないことで機会損失が生まれてしまうため、注意が必要です。

動画広告のメリット

さて、動画広告の概要について理解したところで、今度は動画広告のメリットについて解説していきたいと思います。

動画広告のメリットについては、下記のようなものがあります。

  • 伝えられる情報量が多い
  • 印象に残しやすい
  • 配信面を広げられる

それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

【動画広告のメリット1】伝えられる情報量が多い

動画では、画像とは違い伝えられる情報量が多くなります。

そのため、画像を作ったディスプレイ広告と比較し、商材への理解をより得やすいです。

認知力の低い商材でも動画広告を取り入れることによって、認知を得ることが可能となります。

【動画広告のメリット2】印象に残りやすい

動画では、画像やテキストと違い、BGMや効果音をつけることが可能となっています。

そのため、BGMや効果音を工夫することで、動画を見た人の印象に残すことが可能となってきます。

具体的な例としては、テレビCMで一世を風靡した「RIZAP」が分かりやすいのではないでしょうか?

あの特徴的なBGMはいまだに記憶にあるでしょう。

【動画広告のメリット3】配信面を広げられる

最近では、動画のフォーマットを用意することでのみ配信出来る面が存在します。

YouTubeやTikTokはイメージがつきやすいかと思いますが、Facebook広告などでも実は動画でのみ配信出来る広告枠が存在します。

そのため、動画のフォーマットを用意しておかないと、機会損失が生まれてしまうのです。

動画広告のデメリット

続いて、動画広告のデメリットについて紹介したいと思います。

動画広告のデメリットについては、下記のようなものがあります。

  • 費用がかかる
  • 制作の時間がかかる
  • 制作難易度が高い

それぞれについて詳しく解説したいと思います。

【動画広告のデメリット1】費用がかかる

動画広告を配信するにあたっては、動画を撮影することや、動画を編集することが必要になります。

動画撮影や動画編集にかかる費用については、基本的に画像の制作費用に比べて金額が高いです。

そのため、動画広告においては広告を配信する前の段階でとても費用が掛かってしまうというデメリットがあるのです。

動画制作の費用を抑える方法については、下記の関連記事でご紹介していますので、参考にしてみてください!

動画広告の運用費用については、基本的に運用型広告であるため、ある程度費用を調整して配信することが可能です。

具体的な動画広告の費用相場についても関連記事②で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい!

関連記事①:動画制作をフリーランスに依頼するといくらなのか?相場を解説!

関連記事②:動画広告の費用相場とは?安く抑える裏技も紹介!

【動画広告のデメリット2】制作の時間がかかる

動画広告を配信するためには、上記で説明した通り、まずは動画を制作する必要があります。

ただし、動画の制作に関しては、画像の制作に比べて期間がかかってしまいます。

動画の時間にもよりますが、2週間~1か月はかかることが多いです。

そのため、すぐにでも広告を配信しなくてはいけない場合には、間に合わない可能性があるため注意しましょう。

【動画広告のデメリット3】制作難易度が高い

動画撮影や動画編集においては、初心者でいきなり行うことは難しいです。

何故なら、初心者がいきなり動画撮影を行おうとすると、手振れが発生してしまったり、音が取れてなかったりなどのトラブルが発生してしまうからです。

他にも、動画編集においても、自分が想定しているような編集が出来ないことが多いでしょう。

そのため、動画制作を行う場合には、企業やフリーランスのような人に対して依頼を行う必要が出てくるかと思います。

動画広告の種類

さて、ここまで動画広告のメリットやデメリットについて解説しましたが、今度は動画広告の種類について解説したいと思います。

動画広告には非常に多くの種類がありますので、違いについてきちんと理解しましょう。

動画広告の種類には下記のような種類があります。

  • インストリーム動画広告
  • インフィード動画広告
  • インバナー動画広告

それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

【動画広告の種類1】インストリーム動画広告

インストリーム動画広告とは、動画の途中で勝手に再生される広告のことです。

分かりやすい例としては、YouTubeを見ている時に途中で流れる広告があります。

他の種類の動画広告と比べ、大画面で配信することが可能で、確実にユーザーの目に触れることが出来るため確実にリーチできるのが特徴と言えます。

ただし、YouTubeの動画視聴中に流れるため、ユーザーからは嫌われる種類でもあります。

【動画広告の種類2】インフィード動画広告

インフィード動画広告とは、SNSなどのフィードに表示される動画広告です。

また、画面をスクロールしてフィードに表示されると、自動で再生されるのも特徴と言えます。

バナーと同じように表示されつつも、動画の為、よりユーザーの目を引き付けることが可能です。

よって、通常のバナー広告よりもCTRがより向上するでしょう

【動画広告の種類3】インバナー動画広告

インバナー動画広告とは、通常のWebサイトなどのバナー広告枠に掲載される動画広告です。

また、デフォルトでは音声がない状態で再生されるのも特徴だと言えます。

HTML5などで作成する形が一般的だと言えます。

HTML5などを活用した、動くバナー広告に関しては、下記の関連記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

関連記事:【規制アリ】動くバナー広告とは?作り方から徹底解説!

動画広告の事例

さて、動画広告の活用事例ではどのような事例があるのでしょうか?

具体的な事例を紹介します。

【動画広告の事例1】マウントレーニア

上の動画は、カフェラテなどで有名なマウントレーニアの事例です。

有名俳優を起用し、特に女性の目を引きやすい広告であると言えます。

【動画広告の事例2】日清カップヌードル

上の動画は、日清カップヌードルの事例です。

かなりインパクトの強い見た目の人に、インパクトの強いダンスを行わせ、耳に残す歌も歌わせ、かなり印象に残る動画広告となっています。

コンビニに行ったときに、何となくカップヌードルを選択するように仕向けているような広告に感じます。

動画広告の活用方法

上の事例から分かる通り、印象に残りやすい動画広告が非常に多いです。

何故なら、動画広告を配信する場合、下記のような目的であることが多いからです。

  • 認知力向上
  • ブランディング

特に、印象に残りやすい広告の場合は、認知力向上であることが多いでしょう。

何故、このような目的で活用されるのかというと、前述のメリットを生かすためです。

つまり、情報量が多く、印象に残りやすいという特徴があるため、認知力向上やブランディングに向いているのです。

商材の認知が低く、認知力を上げていきたい場合には、やはり記憶に残してもらう必要があります。

ブランディングが目的の場合には、情報量の多い動画では、世界観を作り上げることが可能となるのです。

まとめ

現在、動画広告は市場も拡大しており、過去使われていたバナー広告に比べ効果が高いことは間違いないです。

また、5Gなどの普及により遅延などもなく動画バナーなどを活用できるようになるでしょう。

先行者利益を得るために、動画広告を実践してみてはいかがでしょうか?

アドトラでは動画広告を含む、Web集客を得意としたWebコンサルティングサービスを提供しております。

是非、Web集客に力を入れていきたいという場合には、無料相談からお問い合わせください!

アドトラの無料相談はこちら!