【初心者向け動画制作講座】コツや手順も全て解説!

【初心者向け動画制作講座】コツや手順も全て解説!

「動画広告用の動画を用意したい」
「YouTubeを始めたい」
「PR動画を制作したい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、初心者向けに動画制作のコツや手順を詳しく解説していきたいと思います。

初心者が動画を制作する上で必要なモノって何?

まずは、何の機材もない初心者が動画を制作するにあたって準備すべきものを紹介します。

結論としては、何も購入する必要はありません。

「え?」

と混乱している人もいることでしょう。

理由を解説すると、現代の人であれば既に持っているもので十分撮影から動画まで行うことで可能だからです。

具体的に使うものとしては、極論「スマホ」があれば大丈夫です。

現代のスマホでは、アプリなどを活用することで撮影から編集まで行うことが可能です。

さらに、最近のスマホは動画の画質も非常に良く、わざわざ高品質カメラを購入する必要もありません。

よって、初心者がYouTube用などに動画制作を行いたい場合には、スマホだけあれば十分でしょう。

ただし、スマホだけで十分とは言っても、法人から動画制作の依頼を受けるような場合には、撮影の際にスマホで撮影するだけでは信頼性が低い可能性が高いです。

よって、そういった場合には、信頼性獲得のための投資として活用することはよいでしょう。

ちなみに、アドトラの他の記事で活用されているようなYouTube動画に関しては、スマホで撮影を行っています。

初心者向け!動画制作手順

さて、今度は具体的な動画制作方法について詳しく紹介していきたいと思います。

動画制作の手順としては、基本的に以下のステップで進んでいきます。

  1. 構成
  2. 撮影
  3. 編集
  4. 公開

特に重要なのが、「構成」です。

何故なら、動画の効果を決める8割は構成だからです。

つまり、動画広告であれば、構成が費用対効果の8割を決めます。

例えば、いきなりオチが来る漫才は面白くないですよね?

他にも、背景が分からない感動ストーリーでは、感動しないでしょう。

上記はあくまで極端な例ですが、構成によってユーザーが感じる印象が構成によって変化するという点では、同じと考えます。

そのため、構成においては非常に慎重に検討しましょう。

それぞれについて詳しく解説します。

動画の制作手順1 構成作成

まずは、構成を作成します。

構成を作成する際には、下記のポイントを意識しましょう。

  • ペルソナ(ターゲット)
  • 動画の目的
  • コンテンツの順番

まずは、動画の目的を決めます。

例えば、紹介する商品を購入してもらいたいという目的であったり、紹介する商品の認知を広めたいという内容であったりなどです。

こういった目的をあらかじめ決めておくことで、動画の軸がぶれなくなります。

つまり、より視聴するユーザーにより響く動画を制作することが出来るのです。

次に、ペルソナを作成します。

ペルソナとは、動画でターゲットとする人です。

ペルソナに関しては、想像で作成しましょう。

もしくはデータがあるのであれば、そこから設定してもよいでしょう。

ペルソナを設定しておくことで、伝える方法を明確にすることが出来ます。

例えば、10代の人がターゲットなのであれば、流行の音楽をBGMにしたり、若者に認知のある人を登場人物として起用したりも考えられるでしょう。

他にも、50代以上のビジネスマンがペルソナであるならば、きっちりとした雰囲気の動画にするべきでしょう。

最後にコンテンツの順番です。

例えば、動画の始めにインパクトのある内容や訴求を持ってきたり、重要な内容を後半に持ってきたりなどです。

コンテンツの順番においては、動画の用途によります。

例えば、YouTube用の動画なのかや動画広告用の動画なのかなどです。

具体的な手法に関しては、無料相談でお伝えしておりますので、ご興味のある方はご利用ください

アドトラの無料相談はこちら!

初心者が動画制作において失敗しがちなポイント

初心者が動画制作で失敗しやすいポイントとしては、下記のようなものがあります。

  • BGMの音が大きすぎる
  • 効果音の音が大きすぎる
  • 雑音が入ってしまう
  • 最適な撮影方法が出来ていない

それぞれについて詳しく解説します。

【初心者が動画制作で失敗するポイント1】BGMの音が大きすぎる

これはかなりあるあるな失敗です。

動画制作を行う際に、BGMを流すことがあります。

例えば、初心者の場合、フリーBGMなどをダウンロードし、そのまま動画に組み込みます。

デフォルトの設定のままでは、BGMの音は意外と大きく、声の音がつぶれてしまうことがよくあります。

【初心者が動画制作で失敗するポイント2】効果音の音が大きすぎる

先ほど、紹介したBGMの例と似たような内容です。

フリーの効果音などもBGMと同様に、インストールしたままの状態だと意外と音量が大きいです。

初心者では、そのまま組み込んでしまうことが多いので、注意しましょう。

また、音量チェックに関しては、イヤホンとスピーカーの両方でチェックするとより安心でしょう。

【初心者が動画制作で失敗するポイント3】雑音が入ってしまう

これも初心者がやってしまうミスで、外の雑音などが入ってしまう例です。

例えば、外を走るトラックの騒音や撮影者の咳払いなどです。

雑音は動画の印象を一気に安っぽくしてしまいます。

個人で撮影しているような感じです。

YouTube投稿用の動画であれば、まだいいのかもしれませんが、広告用の動画などであればかなり悪い印象を与えるでしょう。

【初心者が動画制作で失敗するポイント】最適な撮影・編集方法が出来ていない

最適な撮影方法とは、媒体によって最適な撮影方法や編集方法ということです。

例えば、YouTubeであれば少し早口でしゃべる、TikTokであればテンポよく且つ女性を起用するなどです。

こういった媒体に合わせた撮影や編集が出来ないと、ユーザーが視聴してくれず費用対効果が悪化するでしょう。

【番外編】初心者が動画制作の案件を取るには?

さて、ここまで初心者が動画制作する際のポイントについて解説しました。

動画制作について調査しているということは、YouTubeなどのSNSに投稿する人もいるかもしれませんが、案件を取りたいという人も多いと思います。

具体的に案件を取得する方法としては、下記のような方法があります。

  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • HPなどから営業メールを送る
  • SNSでDMを送る
  • 発信を行いインバウンドで獲得する

案件獲得のスピードが速いのは、クラウドソーシングサイトを活用する方法でしょう。

ただし、案件獲得の単価は低い傾向があります。

一方で、ブログやYouTubeでの発信においては単価は高くなる傾向があります。

ただし、案件獲得までのスピードはかなり遅くなる傾向があります。(もちろん例外もあります。)

よって、結論としては、上記の方法を全体的に行っていき、徐々にインバウンド獲得に比重を寄せるのが良いでしょう。

まとめ

YouTubeや動画広告の市場はどんどん拡大していますが、動画制作の市場も急拡大しています。

よって、初心者でもきちんと勉強すれば、参入も可能かもしれません。

動画制作依頼は下の無料相談をご利用ください。

アドトラへの無料相談はこちら!

関連記事①:動画制作をフリーランスに依頼するといくらなのか?相場を解説!

関連記事②:動画広告とは?種類から事例までご紹介!