Facebook広告では時間帯で結果が変わる!?【スケジュール機能を駆使して結果を出そう】

10月 30, 2020

Facebook広告では時間帯で結果が変わる!?【スケジュール機能を駆使して結果を出そう】

「Facebook広告で結果が出る配信方法が分からない」
「Facebook広告配信の時間設定の方法が知りたい」
「Facebook広告予算を抑えたい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

Facebook広告では、広告を配信する時間帯を設定できるようになっています。

広告なんて誰がいつ見るか分からないから日中配信すればいいのでは?

と思う方もいらっしゃると思いますが、このFacebook広告の時間帯配信を理解すれば、より詳細なターゲティングや広告費用の削減が出来る可能性があります。

まだ、Facebook広告の時間帯配信を試していない方は、この記事をご覧頂き、チャレンジしてみて下さい。

アドトラでは、Facebook広告チェックシートを無料で配布しております。

下記のリンクからご確認ください!

Facebook広告チェックシート無料配布中

関連記事:Facebook広告とは?【特徴から運用法までこの記事だけで理解できます】

Facebook広告の時間帯指定配信とは?

Facebook広告の時間帯指定配信とは?

Facebook広告では。広告を配信する時間や曜日を指定できる機能があります。

この機能を利用する事に適切なタイミングでターゲットに広告を配信し、コンバージョンを見込める事が可能になります。

Facebook広告の時間帯指定配信の機能詳細

Facebook広告の時間帯指定配信の機能やルールについて紹介します。

広告の配信スケジュールは正時間単位で設定が可能

広告の配信スケジュールは正時間単位で設定が可能です。

例えば、例pm8:00からpm10:00などで設定が出来ます。

広告の配信の時間帯はターゲットユーザーの時間帯に合わせられる

広告の配信の時間帯は、広告主の関連付けている時間帯ではなく、ターゲットユーザーの時間にあわせて配信されます。

アメリカ在住で日本向けのユーザーに広告のスケジュールを調整したい場合は、日本時間で時間帯配信の設定が必要になるという事です。

Facebookの時間帯配信機能は予算を通算で設定していないと利用できない

Facebookの時間帯配信を利用する場合は、予算の設定を通算にする必要があります。

Facebook広告を作成する際は、予算の設定が2つから選ぶ事が出来るようになっています。

  • 予算を通算で設定する
  • 1日当たりで予算を設定する

1日当たりで予算を設定をするとFacebookの時間帯配信の機能は利用できないので注意が必要です。

記事後半の手順の説明で設定法を紹介します。

予算はキャンペーン期間の時間単位で配分される

予算はキャンヘーン期間を通して時間単位で配分されます。

例えば、通算予算を10,000円に設定し、配信時間帯をキャンペーン1日目に3時間配信、2日目に7時間配信するようにを設定すると、初日に約3,000円、2日目に残りの7,000円が消費されます。

時間帯配信機能を利用できる入札タイプとオーディエンス

Facebookの時間帯配信機能を利用できる入札タイプは、CPC、oCPM、CPM、およびCPAです。

また、カスタムオーティエンスをはじめ、全てののターケット設定機能を使用することが可能です。

SNSのゴールデンタイムにFacebook広告を配信しよう!

SNSのゴールデンタイムにFacebook広告を配信しよう!

FacebookなどのSNSには、プロモーションに効果的なゴールデンタイムが存在します。

効果的な時間帯は21〜22時頃と言われています。

これに加えて平日のお昼頃であったり、朝の通勤時間帯もSNSの利用者が多く、その時間に会わせて広告を配信すると良いでしょう。

フェイブックの一番利用者が少ない時間帯

一方でAM3時〜AM5時はFacebookの利用者が一番少ない時間帯です。

ゴールデンタイムの21〜22時頃と比べると10分の1まで利用者が減少します。

Facebook広告で時間帯の配信設定をするのであれば、こういった一番利用者が少ない配信時間に広告を配信しないように設定しておけばその分、広告費用を削減するという事も可能です。

引用:Facebookの利用時間について

Facebook広告の時間帯指定配信の手順

Facebook広告の時間帯指定配信の手順について説明します。

①Facebook広告マネージャーから初めにキャンペーンを作成しましょう。

Facebook広告マネージャーから初めにキャンペーンを作成しましょう。
キャンペーン 作成画面

②キャンペーンの目的を設定します。ここでは「ブランドの認知度アップ」を選択しました。

キャンペーンの目的を設定します。ここでは「ブランドの認知度アップ」を選択
目的設定画面

③目的を決めたら下部にスクロールし、キャンペーンの予算を設定します。冒頭でも触れたようにここでは、通算予算を選択して下さい。一日の予算で設定をすると広告配信時間の設定は出来ません。

目的を決めたら下部にスクロールし、キャンペーンの予算を設定します。
予算設定画面

④通算予算を設定したら広告スケージュールの「編集」をタップします。

通算予算を設定したら広告スケージュールの「編集」をタップします。
広告スケジュールの編集

➄「スケジュールを設定し広告を配信」をタップしてその後「広告アカウントを設定」をタップします。

「スケジュールを設定し広告を配信」をタップしてその後「広告アカウントを設定」をタップします。
スケジュールのオプション設定画面

⑥広告セットの中で配信の時間帯設定が出来るようになっているので、配信したい時間帯をタップし、「次へ」をタップすれば完了です。

配信スケジュールの時間設定画面

⑦その後は、通常通り広告を作成していきます。

作成方法が分からない方は、下記記事を参考にして下さい。

関連記事:Facebook広告の出し方を6ステップで解説

Facebook広告の時間帯指定配信のコツ

Facebook広告の時間帯指定配信のコツ

Facebook広告の時間帯指定配信のコツを紹介します。

イベントやライフスタイルに合わせてFacebook広告を配信する

ユーザーのライフスタイルなどに合わせて広告を配信することはおすすめです。

Facebook広告のコンバージョンはユーザーの心理状態によって大きく成果が変わってくるからです。

例えば

  • テレビ番組やライブイベントなどに合わせて広告を配信する
  • レストランの広告をランチタイムに配信する
  • 朝に通勤時間帯にニュースサイトの広告を配信する
  • ECサイトでゲリラセールの時間だけ広告を配信する

などが有効です。

ユーザーのライフスタイルに合わせ、ユーザーが今欲しい情報を的確に届ける事も可能ですし、自社のイベントに合わせて、自社が今伝えたい情報を配信する事も可能になります。

また、カスタムオーディエンスなどとの併用も可能なので、より高いターゲティング精度の広告を出稿することが可能になります。

カスタムオーディエンスについてはこちらの記事を参考にして下さい。

関連記事:Facebook広告のカスタムオーディエンス完全マニュアル

Facebook広告の時間割をつくる

ひとつのキャンペーンの中で、広告セットの時間割をつくる方法も有効です。

時間帯がうまく指定出来れば、広告の効果は見込めますが、逆に獲得できたユーザーを逃がしてしまうデメリットもあります。

例えば

  • なるべく広い時間帯で広告を配信する
  • 時間を絞って配信
  • 休日前は全日配信 平日は日中のみ

など時間割を作ってみましょう。

時間帯によって異なるアプローチができるようになったり、効果が見込める時間帯を把握する事ができるようになったりします。

まとめ

Facebook広告の時間帯配信機能について紹介させて頂きました。

Facebookでは、広告を配信する時間を分ける事によって、様々な効果があります。

ご自身で一番効果が見込める、広告の配信方法を試行錯誤して見つけてみましょう。

広告運用について、ご不明な点があれば、弊社が無料にて相談に乗らせて頂きます、是非、お気軽にお問合せ下さい。

アドトラへの無料相談はこちら!