リスティング広告を自分で運用するには?インハウス化のポイント解説!

リスティング広告を自分で運用するには?インハウス化のポイント解説!

「リスティング広告を自分で運用したい」
「リスティング広告代理店に頼むと割に合わない」
「自社で運用して、ノウハウを蓄積したい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、リスティング広告を自分で運用し、インハウス化したい方に向けて、運用のポイントを詳しく解説したいと思います。

リスティング広告とは?

そもそもリスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、検索結果の上位に表示されるテキスト形式の広告のことです。

下記の画像がわかりやすいかと思います。

リスティング広告の実際の例
リスティング広告の実際の例

検索したユーザーに対して広告を配信出来るため、健在的なニーズを持ったユーザーに対して広告を配信することが可能です。

例えば、「恵比寿 パーソナルジム」と調べた人に対して、恵比寿にあるパーソナルジムの広告を表示するような形です。

リスティング広告のプラットフォームとしては、主に2つが挙げられます。

1つはGoogle広告、もう1つはYahoo!広告です。

どちらも運用型広告といい、誰かが運用をすることで徐々に費用対効果を高めていく必要があります。

運用する人に関しては大きく2つのパターンがあり、1つが広告代理店に依頼してしまうこと。

もう1つは、自分で運用を行うことです。

広告代理店に頼むことのメリットとしては、ノウハウを持った人が運用を行うため、効果が安定して得られるということ。

ただし、広告代理店に依頼すると平均的に20%程度の手数料がかかってしまいます。

その一方で、自分で運用を行うことで代理店に依頼することでかかってしまう

20%の手数料を抑えることが可能になってきます。

ただし、ノウハウを持っていない場合では、適切な運用方法を覚える必要があることや、運用の工数or人件費がかかってしまいます。

弊社としては、もし広告代理店勤務の経験などがない場合においては、自分で運用を行うよりも。広告代理店に依頼していしまうことをおすすめします。

何故なら、運用の方法を覚えるのに一定の時間がとられてしまうことや、効果を安定させる難易度も高いと考えるからです。

広告代理店に依頼することを検討する場合には、下記の関連記事でおススメの広告代理店をご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

もし、どうしても自分で運用を行っていきたいと考える場合には、この記事で運用の方法から、ポイントまで解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事①:【初心者向け】リスティング広告とは?メリット・デメリットも詳しく解説!

関連記事②:【2020年最新版】Web広告代理店ランキング|大手なども費用順で紹介!

リスティング広告の始め方

さて、ここからはリスティング広告の始め方について解説していきたいと思います。

基本的に、リスティング広告を始めるにあたって下記のような手順を踏むこととなります。

  1. アカウント解説
  2. ターゲット設定
  3. キーワード設定
  4. 支払い設定
  5. 審査完了&配信スタート

リスティング広告の始め方について詳しく解説した記事がありますので、始め方についてはそちらを参考にしてみてください!

記事では、アカウント開設まで、動画では審査待ちのところまで解説しています。

関連記事:リスティング広告の始め方~アカウント出稿するまでの設定方法について~

リスティング広告を自分で運用する際のポイント

さて、リスティング広告を始めるところまで済んだところで、ここからは定期的な運用が必要になってきます。

リスティング広告の場合、定期的な運用を行うことで、高い費用対効果を得ることが可能となってきます。

リスティング広告を運用していく上では、主に下記のような手順でアカウントを最適化していく必要があります。

  1. まずは、アカウント構造をシンプルに
  2. 部分一致などを活用し、お宝キーワード発掘
  3. 獲得上位のキーワードを見極め、マッチタイプを見直す
  4. 成果が発生しない検索キーワードの除外設定
  5. ターゲティングの見直し
  6. 広告文のテストを繰り返す
  7. LPの改善

特に2,4,6などについては継続的に毎日確認していく必要があるでしょう。

実際に運用の手順については、下記の関連記事で解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

関連記事:リスティング広告の運用方法|初心者でも効果を上げる最適化方法を解説!

また、リスティング広告を自分で運用していく上では、上記の基本的な運用方法に加えて重要なことがあります。

それは、一緒に取り組んでくれる協力者などを見つけることです。

何故なら、リスティング広告のようなWeb広告のツールなどは、頻繁に更新されることで最適な運用方法が変わったり、自分のアカウントが正しく運用出来ているのかを確認する必要があったりするからです。

例えば、自分で運用していてコンバージョン単価が1000円で納得していたとしても、実は競合他社のコンバージョン単価が500円かもしれません。

このような状況を一人で運用していると把握できない可能性があるのです。

可能であれば、この協力者もある程度規模のある広告代理店に勤めている方にお願い出来るといいでしょう。

何故なら、ある程度規模がある広告代理店に勤めている方は、会社に多くの情報があるため、競合の情報なども把握しやすくなるからです。

ただし、この点に関しては難しい方もいるかとは思いますので、可能な方はという程度の認識で大丈夫です。

リスティング広告でいいのか?

ちなみに、Web集客を行う場合には、リスティング広告以外にも方法はあります。

具体的には、

  • SNS広告
  • 純広告
  • アフィリエイト広告
  • インフルエンサー広告
  • SEO

などが挙げられます。

SNS広告やSEOなどについては、リスティング広告と同様に運用の工数がかかりますが、純広告であったりアフィリエイト広告などに関しては、運用の工数がかからないため、人の手が足りない場合などでは、行いやすい可能性もあります。

もし、リスティング広告にこだわる必要がないので、あれば上記のような集客手法も検討してみるのもよいでしょう。

弊社の無料相談では、もちろん上記のようなリスティング広告以外の方法に夜Web集客のご提案も行っておりますので、是非ご検討ください。

また、リスティング広告以外にも参考になる関連記事もございますので、そちらも参考にしてみてください。

アドトラの無料相談はこちら!

関連記事:純広告とは?メリット・デメリットも解説!

まとめ

今回は、リスティング広告を自社で運用していく際のポイントについて詳しく解説させて頂きました。

リスティング広告のような運用型広告は様々なノウハウが必要であることや、管理の工数がかかることから、もし広告費が100万円以内なのであれば自社で運用してくことをおすすめします。

100万円以内であれば、人件費1人分程度のコストで収まるため、十分に手数料分くらいの効果は見込めるでしょう。

また、弊社ではWeb集客における無料相談を行っております。

現状の状況を丁寧にヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きます。

アドトラの無料相談はこちら!