ディスプレイ広告とは?リスティング広告とディスプレイ広告との違いも解説!

ディスプレイ広告とは?リスティング広告とディスプレイ広告との違いも解説!

「ディスプレイ広告とは何?」
「リスティング広告とディスプレイ広告って何が違うの?」
「ディスプレイ広告の運用方法はどうすればいい?」

この記事を読んでいる人は、上記のようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回は、ディスプレイ広告とはどんなものなのかやリスティング広告との違いなども詳しく解説していきたいと思います。

ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上の広告スペースに表示される広告です。

表示される形態としては、バナーや動画などの形式で表示がされます。

ディスプレイ広告の例
ディスプレイ広告の例

媒体としては、Google広告やYahoo!広告があります。

Google広告では、Google Display Network(GDN)と呼ばれ、Yahoo!広告では、Yahoo! Display Network(YDN)と呼ばれます。

バナーで表示される場合には「バナー広告」、動画で表示される場合には「動画広告」と呼ばれることもあります。

また、課金形式ではインプレッション課金とクリック課金があります。

ディスプレイ広告では、ユーザーの検索行動によってユーザーの特徴を分析し広告を配信します。

例えば、「美容系に興味がある人に対して配信する」と設定した場合、美容系のサイトなどをよく見る人を「美容に興味のある人」と判断し、ディスプレイ広告が配信されるようになります。

つまり、あくまで「興味がありそうな人」に対して配信する広告であると言えます。

参考記事:バナー広告とは?作り方からデザインまで全て解説!

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、「検索連動型広告」とも呼ばれ、ユーザーが検索したキーワードに連動して配信される広告のことです。

リスティング広告の例
リスティング広告の例

リスティング広告の課金形式では、クリック課金が採用されています。

また、検索したキーワードに対して配信する広告の為、健在的なニーズを持ったユーザーに対して配信出来る広告となります。

例えば、「美容 化粧水」と検索した人に対して、美容系化粧水の広告が配信されるというような形です。

また、入札単価というものを調整し、広告の掲載順位が決定されます。

つまり、オークションのようなイメージです。

リスティング広告についてや入札単価については、下記の参考記事で詳しく解説した記事がありますので、そちらも参考にしてみてください。

参考記事①:リスティング広告の入札とは?入札単価調整の罠を詳しく解説!

参考記事②:【初心者向け】リスティング広告とは?メリット・デメリットも詳しく解説!

リスティング広告とディスプレイ広告の違いとは?

リスティング広告とディスプレイ広告では、多くの違いがあります。

具体的には、

  • リーチできるユーザーの違い
  • 表示場所の違い
  • 表示形式の違い

があります。

それぞれ具体的に解説していきたいと思います。

リスティング広告とディスプレイ広告の違い1 リーチできるユーザー

リスティング広告とディスプレイ広告では、リーチできるユーザーに大きな違いがあります。

それは、顕在層か潜在層かという違いです。

先ほども紹介しましたが、ユーザーへのアプローチの仕方が大きく違います。

つまり、リスティング広告は狭い範囲ではあるがニーズが深いユーザーに対してアプローチできる広告です。

ディスプレイ広告は、広い範囲ではあるが、ニーズが浅いユーザーに対してアプローチできる広告です。

そのため、

  • リスティング広告 → 直接購入に繋げやすい広告
  • ディスプレイ広告 → 認知力向上やブランディングに効果的な広告

と言えます。

リスティング広告とディスプレイ広告の違い2 表示場所

リスティング広告では、検索結果上に表示されますが、ディスプレイ広告では、Webサイト上やアプリ上で表示されます。

つまり、

  • リスティング広告では、検索している人に対して配信される広告
  • ディスプレイ広告では、ブログなどを読んでいる人に対して配信される広告

と言えます。

そのため、ディスプレイ広告では、想定していないタイミングで表示される広告となるため、クリック率がリスティング広告に比べ低い傾向があります。

ただし、クリック率については配信方法や業種・業態によって違います。

例えば、ディスプレイ広告でもクリック率を上げる方法として、リマーケティング広告があります。

リマーケティング広告とは、一度Webサイトに訪れた人にだけ表示される広告です。

一度Webサイトに訪れたことがあるということは、商材やサービスに興味がある可能性があるため、クリック率が上がりやすい傾向があります。

また、リマーケティング広告以外にもファインド広告(ファインドキャンペーン)でもクリック率が上がりやすい傾向があります。

ファインド広告(ファインドキャンペーン)については、ファインド広告(ファインドキャンペーン)について詳しく解説した記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

参考記事:平均クリック率5%が目安?リスティング広告のCTRとは?!

リスティング広告とディスプレイ広告の違い3 表示形式

リスティング広告とディスプレイ広告では、表示形式も違います。

リスティング広告では、テキストでのみ表示される広告ですが、ディスプレイ広告では、画像や動画で表示することが可能な広告です。

そのため、見た目のインパクトはディスプレイ広告の方が残しやすい傾向があります。

例えば、

  • 有名な女優
  • 特徴的なカラー
  • 印象に残る言葉

を使うことで、ユーザーの認知に繋げることが可能です。

リスティング広告とディスプレイ広告の使い分け

リスティング広告とディスプレイ広告では、上記のような違いがあるので使い分けが必要です。

結論を言ってしまうと、2パターンの使い分け方法があるかと思います。

1つ目は、「リスティング広告は直接購入、ディスプレイ広告は認知力向上&ブランディング」

2つ目は、「リスティング広告でアプローチ、ディスプレイ広告で追跡」

です。

リスティング広告とディスプレイ広告の使い分けその1

既に解説したように、ディスプレイ広告でリーチできるユーザーが潜在的なユーザーです。

そのため、直接購入には繋げづらいです。

一方で、画像や動画が使えるため、印象には残しやすい広告です。

そのため、ディスプレイ広告では認知力向上やブランディングに利用するのがおすすめです。

また、ブランディングや認知力向上に利用していく中では、クリエイティブが非常に重要です。

バナークリエイティブの作成方法について詳しく解説した記事がありますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてください。

リスティング広告とディスプレイ広告の使い分けその2

先ほども少し解説しましたが、ディスプレイ広告ではリマーケティング機能を利用することで大きな効果を発揮します。

リマーケティング広告を利用することで、商材やサービスに興味があったけどその場ではコンバージョンに繋がらなかったというユーザーを広いきることが可能になります。

リマーケティング広告では、きちんと設定した状態で配信することが重要です。

具体的に抜け漏れが多い設定としては、除外設定とページの切り分けです。

除外設定をどのように用いるかというと、重複期間の除外です。

例えば、7日間以内Webサイトに訪れた人と30日間以内にWebサイトに訪れた人にリマーケティング広告を配信する場合、重複となる7日間以内にWebサイトに訪れた人を30日間以内にWebサイトに訪れた人から除外する必要があります。

何故なら、正しい検証が行えなくなるからです。

具体的には、期間が長いリマーケティング広告にインプレッションが偏る傾向があります。

そのため、きちんと除外設定を行うようにしましょう。

まとめ

今回は、リスティング広告とディスプレイ広告について解説してきました。

きちんとリスティング広告とディスプレイ広告を使い分け、きちんと運用していくことで大きな効果を得ることが可能です。

ただし、こういったWeb広告では運用していく中でノウハウが必要な部分があります。

そのため、

「Web広告を行いたいが何から始めていいか分からない」

「Web広告を既に運用しているが費用対効果が良くない」

という方はまずは是非弊社の無料相談をご利用ください。

現状の状況を詳しくヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きます。

アドトラの無料相談はこちら!