【劇的改善】リスティング広告の品質スコアとは?改善方法も詳しく解説

【劇的改善】リスティング広告の品質スコアとは?改善方法も詳しく解説

「リスティング広告の品質スコアとは?」
「リスティング広告の品質スコアを上げる方法とは?」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、リスティング広告の品質スコアについて詳しく解説していきたいと思います。

リスティング広告の品質スコアとは?

リスティング広告の品質スコアとは、リスティング広告のコストを決める一つの指標です

リスティング広告の費用に関しては、広告ランクというもので決定されています。

広告ランクとは?品質スコアが重要な理由

さて、それでは、広告ランク自体はどのように決定されているのでしょうか?

実際には、下記の項目で決定されています。

  • 入札単価
  • 広告とランディングページの品質
  • 広告ランクの下限値
  • オークションでの競争度
  • ユーザーが検索に至った背景
  • 広告表示オプションやその他広告フォーマットの効果

参考:Google公式ヘルプ(広告の掲載順位とランクの仕組み)

上記の項目を複雑に組み合わせて計算を行うことで、算出されています。

この計算方法については、明示されていないため、この記事で明確に示すことは難しいのですが、業界内では基本的に、

(入札単価)×(広告とランディングページの品質)

という風に言われています。

この項目の中の、広告とランディングページの品質という項目が品質スコアにあたるものです。

品質スコアが、この広告ランクを決める大きな要素となっているために、きちんと改善していく必要があると分かるかと思います。

関連記事:リスティング広告の費用の目安ってどのくらい?算出方法を詳しく解説!

品質スコアとは?どうやって決まっているの?

さて、ここまでは品質スコアの前提知識についてご紹介させて頂きました。

続いて、品質スコアの詳細について紹介したいと思います。

品質スコアは、下記の3つの項目に基づいて決定されています。

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディングページの利便性

それぞれの項目について、詳しく解説したいと思います。

また、それぞれの改善方法については後のトピックで解説しています。

推定クリック率とは?

推定クリック率とは、検索されたキーワードに対して表示された広告がクリックされる可能性を示す指標です。

この推定クリック率については、「可能性」という部分が非常に重要です。

つまり、実際にクリック率ではなく、過去のデータに基づいて算出された指標であるということです。

実際にクリック率が高いのに、推定クリック率が低いという状況もあるので注意しましょう。

参考:Google広告公式ヘルプ(推定クリック率)

広告の関連性とは?

広告の関連性とは、キーワードと広告の関連性を示す指標です。

つまり、広告を配信するために設定したキーワードと広告がどの程度合致しているかをもとに算出される指標ということです。

参考:Google広告公式ヘルプ(広告の関連性)

ランディングページの利便性とは?

ランディングページの利便性とは、遷移先に設定したランディングページ(LP)が広告をクリックしたユーザーにとってどれくらい有益で、関連性があるかというものを示す指標です。

こちらに関しては、上記の文言だけでも意味が分かるかと思います。

参考:Google広告公式ヘルプ(ランディングページの利便性)

リスティング広告の品質スコアを改善する裏技紹介

さて、ここまではリスティング広告の品質スコアについての基礎について解説させて頂きました。

ここからは実際に、品質スコアを向上させて、リスティング広告の費用対効果を上げていく方法について詳しく解説させて頂きたいと思います。

基本的に、品質スコアを改善していく上では、先ほど紹介した

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディングページの利便性

の3つの項目を改善していく必要があります。

それぞれの改善方法について詳しく解説していきたいと思います。

【品質スコア向上裏技その1】 推定クリック率を向上させる

推定クリック率を改善する方法については、下記の2つがあります。

  • hagakure構造にする
  • 広告文を工夫する

それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

【推定クリック率改善法その1】hagakure構造にする

hagakure構造とは、非常に簡潔にまとめるのであれば、出来るだけ広告グループを少なくしてあげることです。

例えば、似たようなキーワードが含まれる広告グループや遷移先のLPが同じような広告グループについては1つにまとめてあげます。

何故、このhagakure構造にするとよいかという点についてですが、hagakure構造のようなシンプルなアカウント構造にすることで、インプレッションやクリックなどのデータが集約します。

このようなデータが集約することで、GoogleのAIの判断が正確に機能するようになるからです。

逆に言うと、データをきちんと集約しないと、推定クリック率のような指標がとても悪くなります。

そのため、まずはhagakure構造と呼ばれるシンプルなアカウント構造にすることが品質スコアを改善する最初の一歩となるのです。

関連記事:hagakure(ハガクレ)構造でリスティング広告運用!メリット・デメリットも解説

【推定クリック率の改善法その2】広告文を工夫する

広告文とは、見出しや説明文のことです。

この広告文を工夫することで、推定クリック率を改善することが可能です。

具体的には、下記のような文言を広告文に追加しましょう。

  • 具体的な数字
    • 顧客満足度93%
    • 50%OFF
  • 限定
    • 今だけ体験無料
    • 期間限定50%OFF

このような文言を追加することで、ユーザーの興味をひきやすくなるため、推定クリック率も向上します。

上記とは別に裏技的な方法としては、広告を配信するために設定したキーワードも広告文に追加しましょう

こちらに関しては、機械的な要因ではあると思いますが、推定クリック率が向上します。

また、後程紹介しますが、推定クリック率以外の指標についても改善しますので、積極的に活用しましょう。

関連記事:リスティング広告の文字数を解説|広告文作成のコツも徹底解説

【品質スコア改善裏技その2】 広告の関連性をを向上させる

広告の関連性を改善する方法については、以下があります。

  • 広告文にキーワードを含める
  • アカウント構造を気を付ける

特に1つ目が重要で、2つ目に関しては、1つ目を行うための補助的な要素です。

【広告の関連性改善法その1】広告文にキーワードを含める

これは、先ほど推定クリック率の改善の所でも解説したものと同じです。

見出しや説明文に、キーワードを含めることで、広告の関連性も改善されていきます。

ここまでくると、やらない理由がありませんね。

【広告の関連性改善法その2】アカウント構造に気を付ける

こちらについて具体的に解説すると、広告文にキーワードを含めようとすると、

「広告グループを分けなくてはいけないのでは?」

と思った方もいるかと思います。

ただし、キーワードごとに広告グループを分けてしまうと、先ほど紹介したhagakure構造ではなくなってしまいます。

そこで、まずは程よく広告グループの数と品質スコアのバランスを取る必要があります。

ここに関しては、どうしても経験による感覚が必要かと思います。

また、地域ごとにいくつか店舗を持っている場合などでは、地域名が含まれたキーワードを設定することが多いかと思います。

そのような場合には、「広告カスタマイザ」という機能を利用することで、広告グループの分散を防ぐことが出来ます。

このように、アカウント構造をシンプルにしつつも、広告文にキーワードを入れるということを行っていく必要があります。

関連記事:広告カスタマイザとは?使い方や設定方法まで詳しく解説!

【品質スコア改善裏技その3】ランディングページの利便性

ランディングページの利便性を改善する際には、下記の方法があります。

  • 遷移先LP内にキーワードを含める
  • 遷移先LPの表示速度を向上させる
  • コンテンツの量を増やす

ランディングページの利便性の改善についてが、最も工数がかかり且つ難易度も高いです。

何故なら、広告の管理画面上だけで改善出来ないからです。

品質スコアを改善していく上では、まずは推定クリック率と広告の関連性の2つを改善してみましょう。

【ランディングページの利便性改善法その1】遷移先LP内にキーワードを含める

遷移先LPにキーワードを含めることで、改善します。

これに関しては、単純な項目であるため、改善出来る際には最優先で改善しましょう。

ただし、遷移先のLPが画像LPである場合があるかと思います。

その際には、テキスト情報がないため、キーワードを含められないと思うかもしれません。

その場合には、画像のaltを活用しましょう。

altとは、表示している画像がどのような画像かということを、Googleのロボットに伝えるために設定する機能です。

altを設定することで、画像LPでもランディングページの利便性を改善することが可能です。

【ランディングページの利便性改善法その2】遷移先LPの表示速度を向上させる

遷移先LPの表示速度を改善することで、ランディングページの利便性が改善します。

表示速度を改善する方法としては、

  • 画像を圧縮やサイズ調整を行う
  • 画像の遅延読み込みを使う
  • 無駄なソースコードを削減する
  • AMP対応させる

などがあります。

ただし、上記の施策には注意点もあります。

例えば、画像の遅延読み込みについては、実装することでSEOで画像が認識されづらくなることもあります。

そのため、リスティング広告で運用するLPとSEOを狙っているLPが同じ場合には注意が必要でしょう。

また、AMPについても実装することで一部の表示や機能が制限されます。

このような点を注意した上で、実装することが大切です。

ただし、個人的には、AMPについては実装することでかなりユーザービリティの高いサイトになると考えています。

AMPの効果については、下の動画を参照することですぐにイメージが湧くかと思います。

引用元:Google広告公式YouTubeチャンネル

是非メリット・デメリットについて理解した上で、積極的に実装することをおすすめします。

【ランディングページの利便性改善法その3】コンテンツの量を増やす

コンテンツの量を増やすことで、ランディングページの利便性が改善する場合があります。

これに関しては確実ではないため、「場合があります」という表現としています。

これに関しては、Googleがコンテンツ量の少ないサイトをユーザーが求めている情報が網羅されていないと判断しているということが原因だと思われます。

そのため、もし現状のLPの掲載内容が競合のLPなどと比較して、少ない場合にはコンテンツ量を増やすことを検討してみましょう。

まとめ

今回は、リスティング広告の品質スコアについて解説させて頂きました。

品質スコアはリスティング広告の費用対効果を高めるうえでに非常に重要なポイントです。

もし、現状の品質スコアが低い場合には、すぐにでも改善しましょう。

いろいろ試してみたが、なかなか改善できないという場合には、弊社の無料相談をご利用ください。

現状の状況などを丁寧にヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きたいと思います。

アドトラの無料相談はこちら!