動画制作をフリーランスに依頼するといくらなのか?相場を解説!

8月 14, 2020

動画制作をフリーランスに依頼するといくらなのか?相場を解説!

「動画制作をしたいけど企業に依頼すると高い」
「動画制作をフリーランスに依頼したときの相場はどのくらいだろう?」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みや疑問があるのではないでしょうか?

そのような方のために、今回は動画制作をフリーランスに依頼した場合の費用相場や、安く動画制作を安くしたい場合の相場について詳しく解説したいと思います。

弊社はWeb集客全般を請け負うWebコンサルタントです。

動画制作も対応しておりますので、是非動画制作にお困りの場合はご相談ください。

アドトラの無料相談はこちら!

現代における動画制作とは?

最近では、YouTubeのような動画プラットフォームの拡大により動画制作が重要視されています。

何故なら、動画制作をすることで動画広告への出稿が出来るようになり、機会損失を防ぐことが可能となるからです。

基本的にWeb広告で気を付けるべきなのは、機会損失です。

何故なら、配信出来てない面があることによって、配信していたら獲得出来ていたはずのユーザーの獲得を逃すことになるからです。

つまり、動画を入稿しておくことでしか配信出来ない広告枠があるということです。

この配信面の網羅に関しては、動画以外にも当てはまり、バナー広告にも当てはまります。

GoogleやYahoo!で利用できる、GDN、YDNでは、様々なサイズのクリエイティブを入稿することが出来ます。

さらに、クリエイティブのサイズによって配信出来る面が決まっています。

そのため、入稿出来ていないクリエイティブがあると、配信出来ない面が出てきてしまうのです。

ただし、ディスプレイ広告では、レスポンシブディスプレイ広告というものが存在します。

レスポンシブディスプレイ広告では、画像2サイズといくつかのテキストを入稿しておくことで、全てのフォーマットを網羅してくれるのです。

そのため、バナーを利用したディスプレイ広告において、素材の用意が手間の場合には、レスポンシブディスプレイ広告を活用するようにしましょう。

少し話がずれましたが、結論としては、動画広告を活用することで、広告の費用対効果は確実に高まるということです。

関連記事①:レスポンシブディスプレイ広告とは?GDN・YDNの最終兵器を紹介!

関連記事②:バナー広告とは?作り方からデザインまで全て解説!

フリーランスに動画制作を依頼した場合の相場

さて、動画制作に関しては企業に依頼する場合と、フリーランスのような個人に依頼するという方法があるでしょう。

今回は、フリーランスに依頼した場合の動画制作の費用相場について紹介したいと思います。

結論からお伝えすると、フリーランスに動画制作を依頼した場合、どのような動画でも料金は5万〜10万円になることが多いです。

一方で、企業に動画制作を依頼した場合では、5万〜80万程度となります。

かなりフリーランスに依頼したほうが安くなることが分かるかと思います。

何故なら、企業とは違い、関わる人が少なくなるからです。

企業に依頼する場合には、営業の人や撮影の人、編集の人などのように作業によって人が分割されていることがほとんどで、且つ経理のような人の利益も確保するために費用が上がる傾向があります。

一方で、フリーランスの場合は支払う金額が依頼した人に全て残るため、安くなるのです。

また、フリーランスに依頼する場合は、「動画撮影」や「動画編集」のような業務単位で分割して依頼することになることが多いです。

そのため、依頼する側の管理コストなどはかかってしまうでしょう。

とはいえ、フリーランスに依頼した方が、トータルでも安くなることがほとんどです。

手間は多少かかってもいいからコストを安く抑えたいという方は、フリーランスに依頼してしまうことがおススメです。

フリーランスに動画制作を依頼した場合のメリット

フリーランスに依頼する場合のメリットとしては、下記のようなものがあります。

  • 費用が安い
  • コスパの良い動画を制作することが出来る
  • コミュニケーションが取りやすい

それぞれについて詳しく解説したいと思います。

費用が安い

上記でも解説しましたが、基本的に企業に依頼するよりは圧倒的にフリーランスに依頼した方が安くなることが多いです。

理由については上記で解説したため割愛しますが、費用面を抑えたいという方はフリーランスに依頼した方がよいでしょう。

コスパの良い動画を制作することが出来る

動画撮影や動画編集においては、基本的に技術的な職業であるため、人に技術や経験が蓄積します。

そのため、良くも悪くもフリーランスに依頼してもクオリティが変わらない、またはフリーランスに依頼した方がクオリティが高いこともあります。

ただし、経験の浅い人もいるため、その点は注意が必要です。

きちんと依頼する人のポートフォリオなどを確認し、経験などが問題ないかは確認するようにしましょう。

また、基本的に経験が浅い人は提案してくる金額が安い傾向があります。

そのため、費用相場よりも安い人に関しては、より注意して確認するようにしましょう。

コミュニケーションが取りやすい

フリーランスに依頼すると、個人とやり取りができるようになるため、コミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

基本的に企業に依頼する場合には、間に営業の人が入るためコミュニケーションのスピードが遅くなるでしょう。

また、フリーランスでは1人もしくは、少人数で運営していることが多いため、スケジュールや依頼内容に融通が利きやすいことも特徴といえます。

そのため、小回りの利く形で動画制作を進めることが可能となるでしょう。

フリーランスに動画制作を依頼するときにおススメのサイト

ここまで読んで、フリーランスに動画を依頼しようと思った方は、下記のクラウドソーシングサイトなども活用するようにしましょう。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ミツモア

特におススメはランサーズです。

それぞれの特徴について詳しく解説したいと思います。

【動画制作依頼におススメサイト1】ランサーズ

【動画制作依頼におススメサイト1】ランサーズ
【動画制作依頼におススメサイト1】ランサーズ

今回、最もおすすめのランサーズです。

何故なら、コストとクオリティのバラナスがちょうどいいからです。

ランサーズでは、料金相場が適切かどうかを投票する機能がついており、きちんと適正価格での依頼が集まっています。

そのため、経験のあるフリーランスの人がきちんと活用しており、経験の浅い人ばかりということがないのは大きなメリットでしょう。

基本的なセキュリティなどの機能もきちんと備わっているため、今回紹介する中で最も安心して活用することが出来るクラウドソーシングサイトと言えます。

ランサーズはこちら!

【動画制作依頼におススメサイト2】クラウドワークス

【動画制作依頼におススメサイト2】クラウドワークス
【動画制作依頼におススメサイト2】クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングサイトです。

登録者数が最も多く、依頼する相手を多くの候補から検討することが可能です。

また、サイト自体もかなり使いやすい傾向があります。

そのため、スピーディーに案件を進めていきたい場合には最もおすすめ出来るクラウドソーシングサイトです。

ただし、ランサーズに比べ、様々な人がいる分、経験やスキルに人によって差があります。

そのため、クオリティを求めたい方はあまりおすすめに出来ないかもしれません。

クラウドワークスはこちら!

【動画制作依頼におススメサイト3】ココナラ

【動画制作依頼におススメサイト3】ココナラ
【動画制作依頼におススメサイト3】ココナラ

ココナラは、完全CtoCで依頼や受注を行うことが出来るサイトです。

フリーランスというよりは副業などでやっている人が多いため、依頼費用が安いことがほとんどです。

そのため、最も費用を抑えて依頼することが可能となるでしょう。

一方で、副業でやっている人の場合だと、ビジネス自体にあまり慣れていない主婦なども多いため、納期に余裕のある方などが活用することをおすすめします。

ココナラはこちら!

【動画制作依頼におススメサイト4】ミツモア

【動画制作依頼におススメサイト4】ミツモア
【動画制作依頼におススメサイト4】ミツモア

ミツモアは、地域密着型クラウドソーシングサイトです。

自分の近くに実際にいるフリーランスなどの専門家に依頼することが可能なサービスです。

ミツモアの最大の特徴は、近くの人の為、実際に合って打ち合わせなどを行うことが出来る点です。

他のクラウドソーシングサイトでは、基本的に顔を合わせずに案件を進めることがほとんどのため、最も安心して使うことの出来るサイトと言えるでしょう。

そのため、フリーランスへ依頼すること自体の経験が浅く、安心して始めたいという方におススメのクラウドソーシングサイトです。

ただし、他のクラウドソーシングサイトに比べ、費用が高いのがデメリットです。

ミツモアはこちら!

動画制作費用を安く抑える方法紹介!

最後に、動画制作を安く抑える方法について紹介します。

結論から申し上げると、下記の5つです。

  • クラウドワークスを使う
  • 参考動画を用意する
  • 撮影は自分でする
  • テロップのテキストは用意する
  • 効果音やBGMを用意する

それぞれの具体的な方法や、理由について解説していきたいと思います。

クラウドワークスを使う

まずは、クラウドワークスで希望予算をいくつかパターン分けして募集をかけましょう。

何故なら、いくつかのパターンに分けることで、最適な金額を見つけることが可能となるからです。

募集に応募してきた人の中で、ポートフォリオや経験などを活用し、予算やクオリティ的に最適な方を決定するようにしましょう。

参考動画を用意する

基本的にフリーランスとしては、業務量が読めないと高めの見積もりを出す傾向があります。

そのため、参考動画などがなく、どういった動画を作ればいいのかイメージが湧かないと業務量が読めず、高めの見積もりばかりが集まってしまうでしょう。

つまり、参考動画を用意してしまえば、制作者としてもイメージが湧き、安い費用が依頼しやすくなるでしょう。

撮影は自分でする

当たり前ですが、撮影という内容を自分たちで行ってしまえば、費用は安く収まります。

撮影を自分たちで行う場合には、長めに撮影しておくようにしましょう。

何故なら、初心者が動画を撮影すると、使えない部分が多くなってしまうからです。

よって、長めに撮影しておくことで編集など行う際に、動画素材が足りなくならないようにしましょう。

テロップのテキストは用意する

実は動画編集において、最も大変な作業がテロップ入れです。

単純作業ではあるものの、手動でテロップ入れをするとかなりの時間がかかります。

フルテロップ(全ての言葉にテロップを入れる)の動画などの場合は、かなりの時間がかかるでしょう。

そのため、テロップのテキストを依頼主側で用意しておくことで、作業主側はコピペでテロップを入れることが可能となるため、コストを安くしてもらうことが可能です!

効果音やBGMを用意する

動画に使用する効果音やBGMが決まっている場合には、用意しておくようにしましょう。

ただし、効果音やBGMを用意するのは意外と難易度が高いうえに、素材まで依頼主に任せてしまった方が、クオリティの高い動画を制作することが多いです。

そのため、あくまで一つの方法としてお捉えください。

まとめ

今回は、フリーランスに動画制作を依頼する場合の費用について解説しました。

他の記事でも紹介していますが、企業に依頼すれば手間を抑えることができ、フリーランスに依頼することで費用を抑えることが出来ます。

これだけは覚えておくようにしましょう。

今回の記事を参考に、フリーランスに依頼する際の参考になれば嬉しいです。

弊社はWeb集客全般を請け負う、Webコンサルタントです。

Web集客を行っていきたい場合は、是非無料相談をご利用ください!

アドトラの無料相談はこちら!