運用型テレビ広告「ノバセル」とは?テレビCMを効果測定⁈

運用型テレビ広告「ノバセル」とは?テレビCMを効果測定⁈

twitterで流行っている「運用型テレビ広告」が気になっている方もかなり多いのではないでしょうか?

「あのテレビCMが運用型広告として配信出来るの⁈」

と思っている方のために、運用型テレビ広告である「ノバセル」について詳しく解説していきます!

運用型テレビ広告「ノバセル」とは?

最近、twitterで下記のように運用型テレビ広告がプチバズっています。

これまでのテレビ広告は、配信するだけで実際に効果が出ているのかどうかは確認することが出来ませんでした。

そのため、多額の費用をかけて実施したテレビ広告が実際に事業の成長に寄与しているのかという実感を得ることは出来ませんでした。

ただし、マーケティングで求められることは基本的に事業の成長です。

マーケティングにより事業の成長をさせるためには、現状の施策の効果が数値化され、その数値をもとに改善を行い、再現性を生み出すことが必要です。

そういった、テレビ広告の大きすぎるデメリットを改善したのが、今回紹介する運用型テレビ広告「ノバセル」です。

運用型テレビ広告「ノバセル」の実績

既に多くのテレビ広告がノバセルの下で配信を行っております。

下記の実績の中で、実際にテレビ広告を見た方は少なくないのではないでしょうか?

運用型テレビ広告「ノバセル」の実績
運用型テレビ広告「ノバセル」の実績

出前館などは、2020年7月現在、お昼~夕方の時間帯に見かけることが非常に多いですね。

運用型テレビ広告「ノバセル」の仕組み

ノバセルは、下記のようなフローでテレビ広告のフローを効果測定を行います。

運用型テレビ広告「ノバセル」の効果測定フロー
運用型テレビ広告「ノバセル」の効果測定フロー

まず、わかりやすい特徴としてはWeb広告によってABテストを行うことなのではないでしょうか?

そもそも、Web広告の多くは運用型広告であるため、クリエイティブごとの効果測定を正確に行うことが可能です。

そのWeb広告をテレビ配信の事前の段階で行っておくことで、無駄な費用をかけてしまうことを防ぎます。

その後、テレビ広告配信自体もGoogleアナリティクスと連携することでテレビCM1本あたりの広告効果を定量的に分析することが可能となっています。

そのため、改善を行いながらテレビ広告を配信していくことが可能です。

参考:https://novasell.com/

まとめ

今回は、運用型テレビ広告「ノバセル」について詳しく解説させて頂きました。

最近では、テレビ広告の市場が衰退してきているとのことですが、まだまだテレビ広告のインパクトは大きいです。

これまでは、効果測定が難しいがゆえに適正価格か判断できないということがありました。

こういった分析が出来るようになると、適正価格でのテレビ広告が流通し、多くのクライアントに普及していくかもしれませんね!

とはいえ、ノバセルを活用したとしてもテレビ広告では最低でも100万円以上、効果を出そうした場合に1000万円以上かかる場合も多くあります。

そのため、小~中規模の事業者に関しては、まずリスティング広告やSNS広告などを活用することをおすすめします。

弊社では現在の状況を丁寧にヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きます。

アドトラの無料相談はこちら!