不動産業者のTikTok活用ガイド【集客に成功した事例も紹介】

4月 24, 2022

不動産業者のTikTok活用ガイド【集客に成功した事例も紹介】

「不動産業での集客方法に悩んでいる」
「SNSを使った集客に挑戦してみたい」
「実際にTikTokにて情報発信している不動産業者を知りたい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

近年、不動産業では、コロナウイルスの影響で来店数が減少している傾向があります。

また、マンションなどの内見も対面となるため、内見をためらうユーザーが増えており、不動産業の集客は厳しい状況に陥っています。

そんな中、各不動産業者がTikTokの集客に成功しています。

本記事では、不動産業者のTikTok活用ガイドと集客に成功した事例も紹介しているので、集客にお悩みの方は、参考にしてください。

アメリカの不動産業者ではTikTokをフル活用している

アメリカの不動産業者ではTikTokをフル活用している

出典:TikTok

不動産業者がTikTokを活用するようになったのは、アメリカの不動産エージェントがはじまりといわれています。

例えば、アメリカの不動産エージェントである「マディソン・サットン」は、対面で物件を案内する「安全性」や「効率性」に不安を感じ、TikTokの運用をはじめたところ、前年比の「5~6倍の売り上げ」を達成しました。

TikTokで、マンションの内見動画を見てもらうと「10件のマンションを10分で見て回る」のような現実では難しい物件紹介が実現できます。

また、TikTokで獲得したフォロワーは自社のファンとなるため、短期的な効果はもちろんのこと、長期的な集客にもつながるメリットがあります。

日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき3つの理由

日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき3つの理由

続いて、日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき3つの理由を紹介します。

下記内容を理解した上で、TikTok運用を検討してみましょう。

ショートムービーで物件を紹介できる

日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき理由1つ目は、ショートムービーで物件を紹介できる点です。

TikTokでは、すべてのユーザーが60秒までのショートムービーを投稿できます。

ショートムービーを活用して、自社が保有する物件の詳細を紹介します。

ユーザーは、TikTokに投稿してる物件を見てそのまま契約する訳ではありませんが、動画をきっかけに「実際に物件を見に行きたい」「詳しい話を聞いてみたい」などの問い合わせにつながりやすくなります。

TikTokは、不動産業者の見込み客を獲得するために非常に優れたツールといえるでしょう。

これまでにリーチできなかったユーザーにアプローチできる

日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき理由2つ目は、これまでにリーチできなかったユーザーにアプローチできる点です。

TikTokは、主に16歳から24歳の「Z世代」と呼ばれる利用者が多くなっているため、これまで、ポスティングなどのアナログ集客を中心としていた不動産業者にとってはメリットになるでしょう。

ユーザーとコミュニケーションが取りやすい

日本国内の不動産業者でもTikTokを活用すべき理由3つ目は、ユーザーとコミュニケーションが取りやすい点です。

TikTokのようなSNSでは、不動産業者が情報発信するだけではなく、ユーザーから「いいね」などのエンゲージメントを獲得できます。

このような一方通行ではない情報発信は、ユーザーとの距離が縮まりやすいメリットがあるため、問い合わせ獲得にもつながりやすいといわれています。

不動産業者のTikTok活用事例3選

不動産業者のTikTok活用事例3選

不動産業者のTikTok活用事例3選を紹介します。

下記内容を参考に、TikTokの運用をはじめてみましょう。

シティホーム

シティホーム

出典:TikTok

TikTokアカウント:city_home888

シティホームは「大阪」「名古屋」「仙台」の賃貸マンションやアパートを取り扱う不動産業者です。

TikTokにて、物件の紹介動画を定期的に投稿しています。

シティホームの優れているのは、サムネイルにこだわってる点です。

「家賃〇万円!2LDK」のように物件ごとに特徴を記載しているので、物件を探しているユーザーにとっては閲覧しやすいアカウントになっています。

@city_home888 そろそろ一人暮らしをしたいあなたにおすすめ‼️🤝🔥#tiktok物件 #不動産 #オンライン内見 #部屋紹介 #バズれ #fyp #おすすめにのりたい ♬ オリジナル楽曲 – 蒼 葉 _そ よ_ – 𝙢𝙞𝙣𝙖

青梅不動産

青梅不動産

出典:TikTok

TikTokアカウント:omefudosan

青梅不動産は、東京都青梅市にある不動産業者です。

「物件紹介」や「お知らせ」などの動画をTikTokにて配信しています。

物件の紹介に関しては「周辺の様子」→「玄関」→「内部」と順番に紹介しているので、実際に内見に行ったような気持ちになります。

また、Instagramでも同様に「物件紹介」をしているので、参考にしてみましょう。

@omefudosan ■アートパレス大谷賃料:38,000円詳細は下記https://www.ome-fudosan.com/rent/detail/134024-37-A201#青梅 #不動産 #賃貸 #件紹介#河辺 #東梅 #安物件 #1K#一人らし #エモい #完物件 ♬ クラシックメドレー2019 – Pianica Magician

ひがし@カップルのお部屋探し

ひがし@カップルのお部屋探し

出典:TikTok

TikTokアカウント:queenstyle.daichan

ひがし@カップルのお部屋探しでは、「カップル専門不動産」を掲げ、関西の同棲物件をSNSを中心に紹介しています。

TIKtokでは、主に「同棲を考えたらまずやるべきこと」などの情報発信を発信しています。

また、毎日投稿やいいね数が少ない動画を非表示にするなどの運用を実施することで、多くのフォロワーを獲得しているのも特徴です。

@queenstyle.daichan カップルにこう言う物件はオススメしない、、。オーナーさん、ごめんっ🙏#不動産#同棲#カップル ♬ 2:23 AM – しゃろう

不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデア

不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデア

最後に、不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデアを3つ紹介します。

下記内容を参考に、TikTok運用に挑戦してみましょう。

実際に内見しているようなルームツアー

不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデア1つ目は、実際に内見しているようなルームツアーの投稿です。

サムネイルで家賃などの概要を伝え、動画で間取りを紹介すれば、短い時間でさまざまな物件のPRが可能です。

投稿する動画は再生速度を速め、アップテンポのBGMを流し、30秒程度で作成するがポイントです。

新規住宅購入者向けの有益なコンテンツを発信

不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデア2つ目は、新規住宅購入者向けの有益なコンテンツ発信です。

「新規住宅の選び方」「注意点」などのノウハウを発信し続けることで、潜在顧客の獲得につながりやすくなります。

活用事例で紹介した「ひがし@カップルのお部屋探し」のようにターゲットを絞った情報発信を徹底すると、問い合わせにつながりやすくなります。

最高の瞬間を共有する

不動産業者がTikTok運用を成功させるためのアイデア3つ目は、最高の瞬間を共有する点です。

例えば、ユーザーが新規住宅を購入して、新しい鍵を受け取る瞬間などをTikTokで投稿します。

このようなコンテンツはユーザーの共感を得られやすいため、TikTok運用を成功させるためのアイデアの中でも、もっともエンゲージメントが獲得しやすいメリットがあります。

まとめ

不動産業者のTikTok活用ガイドを紹介しました。

「簡単に物件が紹介できる」「新しいユーザーにリーチできる」という理由から、現在、不動産業者の多くがTikTokを活用しています。

集客にお悩みの不動産業社は、ぜひTikTokを活用してみましょう。

自社での運用が難しい場合は、弊社がTikTok運用のお手伝いをさせて頂きます。

無料にて相談に乗っていますので、お気軽にお問合せ下さい。

アドトラへの無料相談はこちら!