TikTokで商品販売をする方法は?販売促進成功のポイントとTikTok売れの成功事例も紹介!

TikTokで商品販売をする方法は?販売促進成功のポイントとTikTok売れの成功事例も紹介!

「TikTokで商品販売をしたい」

「販売促進を成功させるポイントはなに?」

「TikTok売れの成功事例はどのようなものがある?」

「TikTokで商品販売をする方法を知りたい!」

この記事に辿り着いたということは、上記のようなお悩みを抱えているのではないでしょうか。

TikTokは商品販売に向いているツールと言えます。

ターゲット層を絞り、マーケティング戦略を立てた上で販売をすることで、効果的に商品の認知から購入を促すことが可能です。

当記事では、TikTokで商品販売をする方法と成功させるためのポイント、メリットやデメリットと成功事例を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

TikTokで商品販売とは?

TikTokで商品販売とは?

TikTokには独自のアルゴリズムがあり、アカウントの知名度が低い場合でも多くのユーザーに動画を視聴してもらえる仕組みとなっていることから、商品販売に向いているプラットフォームです。

TikTokは若い世代が多く利用しているため、若年層にリーチしたいなら、TikTokは特に有益なツールでしょう。

TikTokで商品販売をする方法

TikTokでは様々な方法で商品販売が可能です。

効果的に商品を認知してもらい、購入を促すための販売方法を確認していきましょう。

マーケティング戦略を立てる

マーケティング戦略をたてる

まずは、マーケティング戦略を立てることが重要です。

  • ターゲットを明確にする
  • 居住地
  • 年齢
  • 性別
  • ライフステージ
  • 購入意識
  • 購入を懸念する理由

これらの項目を細かく見ていきましょう。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にする

商品販売を行う際には、どのような人をターゲットにするか考える必要があります。

「とりあえず多くの人に購入してもらいたい」というあいまいなターゲット設定では、ユーザーの商品購買意欲を高めることはできません。

ターゲットを明確にして、ターゲットのニーズに合った動画制作を行いましょう。

例えばコスメグッズを販売する場合、ターゲット層は学生などの若年層なのか、働く女性なのか、主婦層なのかなど細かく絞り込んでいき、ターゲット層に合ったコンテンツ動画を制作することが大切です。

ターゲットの居住地

ターゲットの居住地

ユーザーの居住地は、商品を購入してもらうために重要な項目です。

ユーザーに実店舗へ足を運んでもらい、直接商品を手に取って購入してもらうためには、実店舗とユーザーの居住地が近くにある方が購入を促しやすくなります。

実店舗の近くに住むユーザーに視聴してもらえているかどうかをインサイト分析で確認し、実店舗近くに居住するターゲットに向けて動画制作を行う工夫をしましょう。

ターゲットの年齢

ターゲットの年齢

年齢層を絞り込んで、ターゲットとなる年齢層のニーズに合ったコンテンツ制作を意識しましょう。

若い世代をターゲットとするなら、TikTokで人気のある動画を参考にして、ダンス動画など話題になるコンテンツ制作をすれば再生回数を増やせる可能性があります。

年齢層の高い世代をターゲットとするなら、役に立つ情報を発信するなど、年齢層に合わせた動画制作をしましょう。

ターゲットの性別

ターゲットの性別

男性向けなのか、女性向けなのか、男女兼用なのか、ターゲットの性別に合わせてコンテンツ制作を行いましょう。

男性が好む動画や女性が好む動画、男女共に見てもらえる動画を人気動画から参考にすることがおすすめです。

ターゲットのライフステージ

ターゲットのライフステージ

ターゲット層のライフステージは、学生・社会人・主婦・独身・既婚など確認しておきましょう。

ターゲットのライフステージに合わせて、動画の配信時間を変えることでターゲット層に視聴してもらいやすくなります。

ターゲットの購入意識

ターゲットの購入意識

ターゲット層は、どのような商品に対して購入意識があるかを考えましょう。

若い世代であれば、プチプラのものを好む傾向にあり、年齢層が上がるにつれて高級志向になる傾向にあります。

ターゲットの購入意識に合った金額の商品を販売することで、ユーザーの購入意欲を高めることができるでしょう。

商品を購入するかどうか悩む理由

商品を購入するかどうか悩む理由

ターゲット層が商品購入をする際に「買うかどうか悩む理由」について考えてみましょう。

例えばコスメグッズを購入しようとしているユーザーなら「商品の色通りに発色するか分からないから購入に踏み切れない」と考えているとします。

その場合、商品を実際に使用する動画を配信することで、ユーザーが商品の使用感を疑似体験できるでしょう。

他にも、食品を購入しようとしているユーザーが「パッケージに記載されている味は実際どんな味なのか分からないから不安」と考えているとします。

その場合、食品を実際に開封して食べる様子を撮影し、食べた後の率直な感想を配信することで、ユーザーは商品に親しみを持ちやすくなるでしょう。

ユーザーが商品購入に対して感じている不安要素を払拭できる動画を配信することで、ユーザーの購入意欲を高める効果が期待できます。

TikTok広告を活用する

TikTok広告を活用する

TikTokで商品販売をするなら、TikTok広告を活用することが有効的な方法です。

TikTok広告の種類は大きく分けて、2種類あります。

【純広告】

  • Top View
  • 起動型広告
  • ブランドエフェクト
  • One Day Max
  • ハッシュタグチャレンジ
  • Brand Premium

純広告は、ユーザーに対してインパクトのある広告を配信できます。

広告費は最低でも40万円程度必要となるため、費用がかかる広告です。

【運用型広告】

・TikTok For Businessで運用方法を自らカスタマイズ

運用型広告は、1日あたり500円から気軽に広告配信できます。

自分で広告運用が可能なので、費用をかけずに広告運用をしてみたい人におすすめです。

他にも、TikTokのプロモート機能を使用すると、個人でも1日約647.5円という低価格で動画広告を配信できます。

【関連記事】TikTok広告の費用相場はどのくらい?安くするための方法について解説

【関連記事】TikTokのプロモート機能はバレる?バレない?料金や効果・メリットデメリットを解説!

ビジネスアカウントに設定して商品リンクを貼る

ビジネスアカウントに設定して商品リンクを貼る

TikTokのアカウントをビジネスアカウントに変更すると外部リンクを貼れるようになります。

ビジネスアカウントでは、プロフィール欄に自社のWebサイトのURLや他のSNSのリンクを貼ることができるため、TikTokアカウント以外のメディアの周知が可能です。

TikTokアカウントでフォロワーや動画再生数を増やして、認知度を上げて他のSNSに誘導し、商品販売を行うという流れを作ることで、商品購入まで繋がる可能性が高まるでしょう。

インフルエンサーを起用する

インフルエンサーを起用する

TikTokで配信する動画にインフルエンサーを起用すると、認知度が一気に高まります。

インフルエンサーはすでに知名度があるため、フォロワーが多いです。

インフルエンサーが動画を配信すると、多くのフォロワーが視聴してくれるため、再生回数が伸びて動画を多くのユーザーに視聴してもらえます。

TikTokの人気インフルエンサーの動画はバズりやすいため、動画が爆発的に流行する可能性も期待できるでしょう。

ユーザーの商品紹介・購入体験

ユーザーの商品紹介・購入体験

TikTokのユーザーに正しく商品を知ってもらい、興味関心を持ってもらうために、ユーザーによる商品紹介や購入体験の配信は非常に効果的な方法です。

ハウツー動画や商品を開封するときの様子、気に入った商品のレビューやコメントをする動画は、文字や画像だけでは伝わりきれない細かな情報を伝えられます。

購入者のレビュー動画を見ると、実際の商品の使用感が伝わりやすく、商品購入を検討しているユーザーの判断材料となり、安心して商品を購入できるのです。

ショッピング機能(TikTok Shopping)

ショッピング機能(TikTok Shopping)

TikTokにはTikTok Shoppingという、TikTokの中で商品の販売や購入ができるEC機能があります。

アジア圏ではすでに実装済みですが、日本ではまだ実装されていません。

TikTok Shoppingでは、動画の投稿だけでなく、プロフィールのページにリンクを貼ることが可能です。

「商品ウィンドウ」「ビデオショッピング」「ライブショッピング」の3つの中からいずれかを表示させて、ECサイトに誘導できる仕組みとなっています。

【TikTok Shoppingの種類】

  • Direct Integration
  • Partner Integration
  • Product Links
  • LIVE Shopping
  • Collection Ads
  • Dynamic Showcase Ads

TikTokで商品販売をするメリット

TikTokで商品販売をするメリットは大きく分けて3つあります。

  • アカウントが有名でなくてもユーザーに動画を視聴してもらえること
  • 若い世代のターゲットに情報が届く
  • 広告感がなく自然に購入を促すことができる

それぞれのメリットを細かく見ていきましょう。

アカウントが有名でなくてもユーザーに動画を視聴してもらえること

アカウントが有名でなくてもユーザーに動画を視聴してもらえること

TikTokでの商品販売のメリットの1つに、商品販売をするアカウントが有名でなくてもユーザーに動画を視聴してもらえることが挙げられます。

なぜなら、TikTokには独自のアルゴリズムが存在し、フォロワーが少ないアカウントでもおすすめにのる仕組みになっているからです。

TikTokで、まずアカウントの認知度を上げてから商品販売をするという手順を踏む必要がないため、すぐに商品販売を行える点がメリットと言えるでしょう。

若い世代のターゲットに情報が届く

若い世代のターゲットに情報が届く

若い世代をターゲットにするなら、若い世代がメインユーザーとなっているTikTokでの商品販売が有効です。

動画を配信することで、流行に敏感な多くの若い世代のユーザーに瞬時に情報を届けることができます。

広告感がなく自然に購入を促すことができる

広告感がなく自然に購入を促すことができる

TikTokで商品販売をする際は、一般の投稿に混ざって動画が配信されるので広告感がなく、自然に他の動画に溶け込む点がメリットです。

広告感がある動画はユーザーが不快感を示す場合がありますが、一般の投稿に混ざって広告感のない商品販売の動画が流れてくると、ユーザーは自然に動画を視聴できると考えられます。

自然に入ってきた情報に対しては、ユーザーは親しみを持ちやすくなり、自然に商品購入を促すことが可能です。

TikTokで商品販売をするデメリット

TikTokで商品販売をする際にはデメリットもあります。

  • 年齢層の高い世代をターゲットとする商品を売れない
  • 収入の問題から高額な商品は売れにくい
  • 購入意欲のないユーザーから広告と捉えられてしまうと動画の評価が下がる

これらのデメリットについて細かく見ていきましょう。

年齢層の高い世代をターゲットとする商品を売れない

年齢層の高い世代をターゲットとする商品を売れない

若い世代がメインユーザーとなっているTikTokで商品販売をする際に、年齢層の高い世代をターゲットにした場合、商品が売れないと考えられます。

TikTokは年齢層の高い世代には、あまり普及していないため、ターゲット層に動画を見てもらえない可能性があるからです。

TikTokで商品販売を行う場合は、若い世代をターゲットとし、年齢層が高い世代へのアプローチには向かないことを知っておきましょう。

収入の問題から高額な商品は売れにくい

収入の問題から高額な商品は売れにくい

TikTokは10代の学生や20代の社会人、主婦などがメインユーザーです。

若い世代は、アルバイトをしていたり、社会人として働いていても年齢層が高い世代よりも収入が低くなります。

そのため、高額な商品への購入意欲は低いと考えられ、高額な商品はなかなか売れない状況が考えられるでしょう。

TikTokで商品販売する際は、ターゲット層の収入面の問題を加味して商品の選択、金額設定を行うことをおすすめします。

購入意欲のないユーザーから広告と捉えられてしまうと動画の評価が下がる

購入意欲のないユーザーから広告と捉えられてしまうと動画の評価が下がる

商品の購入意欲のないユーザーが、動画を見たときに「広告だ」と気付かれる場合があるため注意が必要です。

そのときに、一部のユーザーがコメント欄などに「広告動画だ」などのコメントをすることで、広告だと気付いていなかったユーザーにも知られてしまい、動画の評価が下がる恐れがあります。

広告動画を制作する際は、一般の動画に溶け込み自然に視聴できるコンテンツを意識して作成しましょう。

TikTokで商品販売を成功させるポイント

TikTokで商品販売を成功させるポイントは、魅力的な動画を制作し、分析、検証を行って、商品の情報を正しくユーザーに届けることです。

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

インサイト分析をする

インサイト分析をする

動画の投稿を終えたら、動画に対してのユーザーの反応を確認して、分析・検証を行うことが重要です。

TikTokのインサイト機能を使用して以下の項目を確認しましょう。

  • フォロワー数の振り返り
  • 動画の視聴数、視聴時間、いいね!、コメント、シェアの数
  • トラフィックソース
  • プロフィールの閲覧数
  • 性別、居住地、年齢など
  • ユーザーが好むコンテンツ動画と楽曲をチョイス
  • 自身の投稿動画の中で人気のある動画

TikTokのインサイト分析について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

【関連記事】TikTokの分析方法とは?インサイトの見方やポイント・おすすめのツールを紹介!

フォロワー数増減の振り返り

フォロワー数増減の振り返り

フォロワー数の増減を振り返ることで、ユーザーのニーズに合った動画が配信できていたかどうかが分かります。

さらに、フォロワーが増減した日にスポットライトを当てて、検証することでフォロワーが増減した原因の究明ができるでしょう。

例えば、新たな動画を配信したときにフォロワーが増えたのであれば、継続して動画を投稿し続けることでフォロワー数を確保できると考えられます。

動画の視聴数、視聴時間、いいね!、コメント、シェアの数

動画の視聴数、視聴時間、いいね!、コメント、シェアの数

投稿動画に対するユーザーの反応を確認しましょう。

視聴数や視聴時間だけでなく、いいね!やコメントがどれだけついているかや、動画が多くのユーザーにシェアされたかどうかは、動画の評価に大きく関わります。

例えば、動画内で「〇〇ならいいね!してください」「〇〇はどっち?」など、ユーザーを巻き込んで動画を盛り上げていく方法がおすすめです。

トラフィックソース

トラフィックソース

トラフィックソースとは動画までの到達経路のことです。

動画にたどり着くまでの経路を知ることで、動画をより多くの人に知ってもらうためのヒントが見えてきます。

例えば、おすすめから動画にたどり着いたユーザーが多い場合、おすすめにのりやすい動画制作に力を注ぐとよいでしょう。

TikTokで人気の動画の楽曲やコンテンツを参考にすることがおすすめです。

プロフィールの閲覧数

プロフィールの閲覧数

動画に興味を持ってくれたユーザーはプロフィール欄を閲覧してくれます。

プロフィール欄には、自社のECサイトのURLや他のSNSのリンクを貼れるため、プロフィール欄のリンクに飛んで商品購入ページへ誘導する方法が有効です。

性別、居住地、年齢など

性別、居住地、年齢など

ユーザーの性別や居住地、年齢などを把握し、ターゲットとしているユーザーに視聴してもらえているかを確認しましょう。

例えば、実店舗で商品購入をしてもらいたいなら、実店舗に近い場所に住んでいるユーザーが好ましいです。

TikTokで商品を知ったユーザーが、気になった商品をすぐに来店して購入できる距離に居住していれば、商品の認知から購入までの導線がスムーズになります。

ユーザーが好むコンテンツ動画と楽曲をチョイス

ユーザーが好むコンテンツ動画と楽曲をチョイス

TikTokで人気のあるコンテンツや人気動画の楽曲をチェックしましょう。

TikTokの人気動画の傾向を知り、参考にすることで、ユーザーの興味関心をひく動画制作が可能になります。

自身の投稿動画の中で人気のある動画

自身の投稿動画の中で人気のある動画

自身の投稿動画の中で人気のある動画をチェックしましょう。

人気のある動画の企画や楽曲、ナレーションやテキスト入れの有無、エフェクトやフィルター加工の有無を確認して、人気が出た理由を探ると次に制作する動画の参考になります。

商品の営業をするのではなく情報を発信することを意識する

商品の営業をするのではなく情報を発信することを意識する

TikTokユーザーは、商品を購入しようと考えて動画を視聴しているわけではありません。

ユーザーは流れてくるたくさんの動画の中から「面白い」と思う動画を見つけたり「気になる情報」を入手することを目的としています。

そのため、あからさまに商品の営業をされていると感じる動画に対して、ユーザーは不快感を示す可能性が高いです。

ユーザーが自然に商品へ興味を持つことで、購入を促せるような動画制作が重要になります。

動画編集アプリやツールを使用して動画を魅力的に加工する

動画編集アプリやツールを使用して動画を魅力的に加工する

動画を撮影してそのまま投稿するのではなく、動画編集アプリやツールを使用して動画を加工すると、動画の品質が向上します。

動画を切り抜いて長さを調節したり、フィルターやエフェクト加工をして、オシャレな雰囲気を演出したり、ナレーションやテキストを入れて動画の内容をより詳しく伝えるとよいでしょう。

動画を撮影してそのまま投稿するのではなく、動画編集アプリやツールを使用して動画を加工すると、動画の品質が向上します。

動画編集アプリやツールでは下記修正が可能です。

  • 動画の長さ調整
  • フィルター・エフェクトの追加
  • 音楽をつける
  • 文字を入れる

編集により、動画の内容をより詳しく伝えることができます。

TikTokの動画編集アプリやツールについて詳しく知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

【関連記事】TikTokの動画編集のやり方や流行り動画作りのポイントは?無料・有料アプリ21選!

TikTokライブ機能を使用しライブ配信をする

TikTokライブ機能を使用しライブ配信をする

TikTokライブ機能を使用して、商品の使用感を伝える方法はユーザーと直接繋がることができるためおすすめです。

一部を切り取った動画や文字だけでは伝わりきれない、細かな情報を伝えることができるのでユーザーは商品に親しみを持ちやすくなります。

また、ライブ配信機能を使用すると、ユーザーは商品について気になったことや質問をすぐにコメントでき、疑問がその場で解決できるため、商品への購入意欲が増すと考えられます。

情報を詰め込みすぎない

情報を詰め込みすぎない

商品を紹介する動画では、商品について伝えたいことが多くなりがちですが、情報を詰め込みすぎるとユーザーは動画への興味がなくなる傾向にあります。

動画の内容はシンプルで見やすくし、情報が伝わりやすい動画制作を心がけましょう。

コメントのやりとりをする

コメントのやりとりをする

動画のコメント欄は常にチェックし、できる限り返信することがおすすめです。

ユーザーとコメントでのやりとりをすると、一気にユーザーとの距離間が縮まります。

ユーザーひとりひとりの質問に誠実に答えることで信頼関係を築けて、ユーザーがアカウントや商品に対して安心感を持てるのです。

コメント欄のやりとりを見て、商品に興味を持つユーザーが出てくる可能性も考えられます。

ユーザーが安心して商品購入したくなるように、誠実な対応を心がけましょう。

継続的に投稿を行う

継続的に投稿を行う

動画配信は、継続的に行うことが重要です。

たまにしか動画を配信しないアカウントよりも、継続的に動画を配信しているアカウントの方がユーザーに安心感を与えます。

動画配信をしていない期間にフォロワーが減少することも防げると考えられます。

配信時間を決めることで、ユーザーが意識的に動画を見てもらえるようになるため、日々同じ時間帯で継続して動画配信することがフォロワーを増やすきっかけとなるでしょう。

TikTok運用のノウハウと知識・経験が豊富な代理店を活用

TikTok運用のノウハウと知識・経験が豊富な代理店を活用

TikTokで商品販売をする際は、分析と検証が欠かせません。

自身で動画制作をしてユーザーの反応を分析することが困難な場合は、TikTok運用を得意とする代理店に依頼するとよいでしょう。

代理店では、商品の販売を促すような動画作りや動画分析のノウハウが豊富であるため、効果的にTikTok運用が行えます。

TikTok運用代行について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

【関連記事】TikTok運用代行・コンサルティング会社15選【費用相場も徹底解説】

TikTokで商品購入する際の注意点

TikTokで商品を購入する際には、詐欺に注意が必要です。

  • アカウントを乗っ取って商品販売
  • ゲームなどのレアキャラクターのアカウントを販売する
  • 高価な商品を激安で販売する偽通販サイト

これらの詐欺行為について詳しく解説していきます。

アカウントを乗っ取って商品販売

アカウントを乗っ取って商品販売

TikTokに限らず、アカウントを乗っ取るという悪質な詐欺が横行しています。

乗っ取られたアカウントとは気付かずに商品を購入したが、代金を払っても商品が届かないというトラブルは後を絶ちません。

アカウントを乗っ取られているかどうかは判断が難しい場合がありますが、商品購入までのやりとりの中で不審な点がないか注意しましょう。

ゲームなどのレアキャラクターのアカウントを販売する

ゲームなどのレアキャラクターのアカウントを販売する

ゲームのレアキャラクターを所有するアカウントを販売するユーザーが増えています。

中には、アカウントを販売すると言いながら、ユーザーから代金を受け取った瞬間から連絡が一切取れなくなる詐欺をはたらくアカウントも存在するので、注意が必要です。

レアキャラクターが安価で販売されているアカウントは怪しいと疑い、詐欺被害に遭わないようにしましょう。

高価な商品を激安で販売する偽通販サイト

高価な商品を激安で販売する偽通販サイト

高価なブランド品のバッグや時計を激安で販売する偽通販サイトでの詐欺にも注意が必要です。

偽通販サイトでは、本物ではなくコピー商品を販売したり、代金を支払っても商品が届かないという詐欺行為を行い、ユーザーの個人情報を抜き取ります。

高価なブランド品が激安で販売されることはありえないので、詐欺に引っかからないように気を付けましょう。

【成功事例】TikTok売れのコスメ2選

「TikTok売れ」とはTikTok内で紹介された商品、コンテンツがユーザーによって爆発的に拡散されて大ヒットすることを意味した言葉です。

TikTokでコスメ商品を紹介し、実際に大ヒットした成功事例を紹介していきます。

【コスメ】カネボウ化粧品「リップモンスター」

リップモンスター

出典元:リップモンスター/TikTok

カネボウ化粧品は、TikTokの15秒ショートムービーで「ケイト リップモンスター」のコスメを紹介し、多くのユーザーに視聴されて話題になりました。

TikTok売れにより、商品発売から約10ヵ月で累計出荷本数240万本を突破する大ヒット商品となったのです。

特徴 TikTok売れのポイント
  • こだわりのサウンド
  • エフェクト加工
  • ショートムービーが何度も繰り返し再生されることで、ユーザーの興味関心をひいた
  • ユーザーの記憶に残る印象的な動画だった

【コスメ】ルルルン「クレンジングバーム CLEAR BLACK」

ルルルン

出典元:ルルルン/TikTok

ルルルンの「クレンジングバーム CLEAR BLACK」は、もともとドン・キホーテ限定の商品でした。
TikTok売れをきっかけに、様々なSNSでレビュー投稿がされて売り切れが続出した大ヒット商品です。
黒いバームが毛穴の汚れをとると口コミで評判になっています。

特徴 TikTok売れのポイント
  • サウンドやエフェクトなど動画を華美に加工していない
  • ユーザーの購入体験
  • インフルエンサーが投稿を行ったことで注目度が上がった
  • 黒いバームという見た目がTikTok映えしてユーザーに響いた
  • TikTok以外に、その他SNSでもレビューや口コミ投稿された

【成功事例】TikTok売れの食品2選

TikTok売れで食品が大ヒットした成功事例があります。

それぞれのヒットの法則を見ていきましょう。

【食品】大塚製薬「ファイブミニ」

ファイブミニ

出典元:ファイブミニ/TikTok

大塚製薬のファイブミニは、一般ユーザーがTikTok動画で商品を紹介したことをきっかけに大ヒットしています。

大塚製薬が商品の販売促進を目的として動画制作をしたわけではありませんでした。

TikTokでファイブミニを飲んだユーザーが、商品の特徴や体調の変化を紹介したことで若い女性に注目されたのです。

TikTok売れによって、コンビニでの1日の販売数が2倍になりました。

特徴 TikTok売れのポイント
  • サウンドやエフェクトなど動画を華美に加工していない
  • 一般ユーザーの購入体験
  • ユーザーが購入した商品を紹介したことで親しみが持てた
  • 昔から知名度のある商品がTikTokで改めて紹介されたことで若い世代にヒットした

【食品】メダラー社「地球グミ」

地球グミ

出典元:地球グミ/TikTok

メダラー社の「地球グミ」は、ドイツからやってきて日本で輸入販売されています。

「地球グミ」は地球ケースを歯で噛んで割り、中からぷるんとしたグミが出てくるという今までにない新しいグミです。

「地球グミ」を食べた後は、舌が青くなるという一連の流れを動画配信することがTikTokでバズるコンテンツとなりました。

TikTok売れしたことで、10万袋以上売れています。

特徴 TikTok売れのポイント
  • 一般ユーザーの購入体験
  • 開封から食べ終わるまでの一連の流れを動画で配信
  • インフルエンサーが投稿することによって注目度が上がった
  • 変化がある面白い食べ方がTikTok映えした

まとめ

TikTokのメインユーザーは若い世代であるため、TikTokは若い世代をターゲットとした商品販売に向いているツールと言えます。

商品販売をする方法はインフルエンサーの起用やコメント欄の活用など様々ですが、最も注力すべきは動画制作です。

TikTokで人気の動画の楽曲を使用する、商品説明はシンプルで分かりやすくするなど、ユーザーの興味関心をひき、知りたい情報が得られる動画制作を心がけましょう。

弊社では、TikTok運用の相談に乗っていますので、お気軽に相談ください。

アドトラへの無料相談はコチラ