YouTubeの動画広告とは?種類や費用形態について詳しく解説!

YouTubeの動画広告とは?種類や費用形態について詳しく解説!

「YouTubeの動画広告ってどういう種類があるの?」
「YouTubeの動画広告とは?」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回はYouTubeの動画広告について詳しく解説したいと思います。

YouTubeの動画広告とは?

最近では、YouTubeというプラットフォームの認知度が広がり、YouTubeの動画広告の活用がかなり広がっています。

そんなYouTubeというプラットフォーム上で配信することの出来る広告のことをYouTube広告と言います。

YouTube広告は、他のリスティング広告とは違い、クリック数への課金ではなく視聴数への課金です。

既定の再生時間や回数があるため、それを満たすと課金されるという形です。

関連記事①:動画広告とは?種類から事例までご紹介!

関連記事②:動画制作をフリーランスに依頼するといくらなのか?相場を解説!

YouTubeの動画広告の種類とは?

YouTube広告には、下記のような種類があります。

  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • TrueView ディスカバリー
  • マストヘッド広告
  • アウトストリーム広告

それぞれにおいて、課金形態や配信形態が違います。

詳しく解説したいと思います。

【YouTube動画広告の種類1】インストリーム広告

インストリーム広告
インストリーム広告

インストリーム広告とは、通常のYouTube動画視聴中に突然流れる動画広告です。

YouTubeを普段から活用している方であれば、視聴中に突然動画が流れてきてイラっとした経験があるかと思います。

また、インストリーム広告には下記の2つの種類があります。

  • 5秒でスキップ可能な広告
  • 15秒以下のスキップ不可広告

5秒でスキップ可能な広告では、30秒視聴したタイミングで課金が発生します。

15秒以下のスキップ不可広告では、インプレッション数に応じて課金が発生します。

注意点として、どちらも動画の途中で流れる動画広告であるため、ユーザーに不快感を与えやすい広告であるという点です。

特に15秒以下のスキップ不可広告では、よりユーザーに対して強い不快感を与えます。

【YouTube動画広告の種類2】バンパー広告

バンパー広告とは、通常のYouTube動画視聴前やYouTube動画視聴中に流れる6秒以下のスキップ不可な動画広告です。

バンパー広告もインプレッション数に応じて課金が発生します。

短いタイプの動画であるため、インパクトを残すような動画を作る必要があります。

【YouTube動画広告の種類3】TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告
TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告とは、関連動画表示欄や検索結果上などに表示される動画広告です。

TrueView ディスカバリー広告では、勝手に再生されることはなく、クリックすることで初めて動画が再生されます。

課金のタイミングも動画をクリックして再生した段階で初めて発生します。

クリックするということは、ある程度商材などに興味を示しているユーザーであるために、購入やお問い合わせに繋げやすいという特徴があります。

【YouTube動画広告の種類4】マストヘッド広告

マストヘッド広告
マストヘッド広告

マストヘッド広告とは、YouTubeのTOPページの一番目立つ場所で再生される動画広告です。

音声はデフォルトで停止されていますが、最大30秒間配信することが出来ます。

他の動画広告のように、LPなどに遷移させるリンクは表示されないので、動画のみで訴求する形となります。

よって、直接購入やお問い合わせには繋げづらく、ブランディングや認知力に特化した形の広告であると言えます。

課金形態としては、CPD形式とCPM形式が選択出来ます。

他のYouTube広告とは違い、YouTube広告の営業担当に連絡し、予約を取ることでのみ配信することが可能な動画広告です。

【YouTube動画広告の種類5】アウトストリーム広告

アウトストリーム広告
アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、厳密にはYouTube広告ではないです。

何故なら、YouTube上には配信しないからです。

アウトストリーム広告とは、Google動画パートナーのウェブサイトやアプリ上で配信出来る動画広告です。

バナーの動画掲載枠に動画を掲載するようなイメージです。

アウトストリーム広告では、動画が2秒以上再生されたタイミングで課金形式です。

YouTubeの動画広告の費用相場とは?

さて、やはり動画広告を運用しようと考えたら、気になるのは費用の面ですよね。

YouTubeの動画広告の費用については、料金相場は視聴1回あたり平均3〜20円が相場です。

先ほど、紹介した種類や商材などのジャンルなどによっても費用も違うので、本当にYouTubeの動画広告を配信したいという方は、是非弊社にお問い合わせください。

実際の相場などをお調べし、最適な運用方法をご提案させて頂きます。

関連記事:動画広告の費用相場とは?安く抑える裏技も紹介!

まとめ

YouTube動画広告は、様々な種類があり、種類によって費用形態も違うので、適切な運用方法が非常に重要です。

効果的な運用を行いたい方は、下記よりお問い合わせください。

アドトラの無料相談はこちら!