Facebook広告の支払い方法と設定方法を解説

Facebook広告の支払い方法と設定方法を解説

「Facebook広告に支払い方法にはどんなものがある?」
「Facebook広告の支払い方法の設定方法が分からない」
「Facebook広告の支払いのタイミングが知りたい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、Facebook広告の支払い方法について紹介しています。

Facebook広告を作成し、いざ配信する際は、支払いの設定が必ず必要です。

支払の設定がきちんと出来ていないと広告が配信されないという最悪の事態にもなります。

この記事では、初心者でも分かりやすくFacebook広告の支払い方法について記載をしていますので、こちらを参考にして頂き、安全な広告運用を行いましょう。

Facebook広告の支払い方法はどのようなものがある?

まず初めにFacebook広告の支払い方法について紹介します。

Facebook広告には3つの支払い方法が用意されています。

  • クレジットカード、クレジット機能付きのデビットカード
  • PayPal
  • オンライン銀行振り込み

クレジットカードクレジット機能付きのデビットカード

クレジットカードクレジット機能付きのデビットカード

Facebook広告の支払いでは、下記クレジットカードでの支払いが可能です。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express

Facebook広告のヘルプによるとJBCカードでも支払いが可能になっていますが、実際は選択ができない様になっているので注意が必要です。

PayPal

PayPal

Facebook広告では、PayPalでの支払い方法も可能です。

取引手数料はFacebookが支払うため掛かりません。

このため、PayPalアカウントの通貨がFacebookアカウントの通貨と異なる場合を除いて、広告料金の支払いにPayPalを使用することで追加料金が発生することはありません。

ただし通貨が異なる場合などは、外国為替手数料が発生する場合もあるので注意が必要です。

オンライン銀行振り込み

オンライン銀行振り込み

Facebook広告はオンラインでの銀法振り込みにも対応していますが、下記条件がありますので、注意が必要です。

  • 初期の設定で手動決算を選択する必要がある
  • 支払い通貨が円

この2つの条件をクリアしないと、Facebook広告では、オンライン銀行振込の支払い方法を行う事が出来ません。

ですので初期設定の段階でPayPal支払いやクレジット支払いを選択しないようにしましょう。

Facebook広告の支払い方法設定の手順

冒頭で紹介した、Facebookの支払い方法の設定手順について説明します。

①Facebookビジネスホームを開き、「広告マネージャー」をタップします。

Facebookビジネスホームを開き、「広告マネージャー」をタップ
Facebook ビジネスホーム画面

②「ビジネスツール」の中にある「請求」をタップします。

「ビジネスツール」の中にある「請求」をタップ
Facebook広告マネージャー画面

③右上の「支払い設定」をタップをします。

右上の「支払い設定」をタップ
支払い管理画面

④支払い方法を追加します。請求書や領収書などもこの画面から発行できるようになっています。

支払い方法を追加します。請求書や領収書などもこの画面から発行できるようになっています。
支払い方法追加画面

➄「クレジットカード」か「PayPal」を選び「次へ」をタップします。

「クレジットカード」か「PayPal」を選び「次へ」をタップ
支払い方法選択画面

⑥支払い情報を入力し「次へ」をタップすれば、支払い方法の設定完了です。

支払い情報を入力し「次へ」をタップすれば、支払い方法の設定完了です。
支払い方法完了画面

Facebook広告の支払いのタイミング

Facebook広告の支払いのタイミング

Facebook広告の支払いには「自動決済」と「手動決済」があり、それぞれ支払いのタイミングが異なります。

Facebook広告の自動決済

自動決済では、請求日のタイミングで支払う方法、請求金額の単位を決めておいてその全額に達したときに支払う方法です。

請求金額の単位を決めておき、その金額に達したタイミングで支払いが行われます。

PayPalやクレジットカードで支払いを行う場合の支払い方法になります。

Facebook広告の手動決済

Facebook広告の手動決済は、広告を配信する前に、広告アカウントに手動で入金をして、その金額から決済される方式です。

Facebookに広告が掲載されると、最大で1日1回、残高から広告費用が決済されます。

手動決済に利用できる支払い方法はオンライン銀行振込のみになるので注意が必要です。

Facebook広告で支払い方法が拒否されたときの対処法

Facebook広告で支払い方法が拒否されたときの対処法

Facebook広告を利用していると、支払い方法が拒否されるエラーが出ることがあります。

そのようなケース別に対処法を記載しましたので、参考にして下さい。

支払い方法が銀行口座で拒否された場合

銀行口座の残高不足の可能性があります、残高を確認しましょう。

オンラインバンキングの口座からの支払いが拒否された場合、未払い残高が支払われるまでアカウントのキャンペーンは停止されます。

残高を支払う場合、新しい支払い方法を追加してその方法で現在の残高を手動で支払うことができます。

支払い方法がクレジットカードで拒否された場合

Facebook広告の支払いでクレジットカード支払いが距離されて場合は、下記内容を一度確認して下さい。

  • クレジットカード番号は間違っていないか?
  • 有効期限は過ぎていないか?
  • カード枠などを確認

また、広告アカウントの停止の経験が一度でもあると、そのアカウントに紐付いていたクレジットカードは使えなくなりますので注意が必要です。

クレジットカードが一枚しかない場合は、PayPal支払いに変更して、PayPal内の支払い設定でクレジットカードを選択しましょう。

そうすれば、Facebook広告では、直接使えないクレジットカードでも支払いが可能になります。

どの方法でもFacebook広告の支払いが出来ない場合はどうなる?

広告の支払いが失敗した場合、Facebookでは、広告アカウントに設定されている別の支払い方法への請求をします。

どの支払い方法でも請求が出来なかった場合は、料金が全額支払われるまですべての配信している広告の掲載を停止します。

広告の掲載が停止した場合、未払い残高の支払いが完了するまで、それ以上料金は発生しません。

未払い残高を支払った後で、Facebook広告掲載を再開し、当初設定されていたキャンペーン期間と予算に合わせて調整をしていきます。

Facebook広告の請求のタイミングは?

Facebook広告の請求のタイミングは?

Facebook広告を作成するとき(ページの投稿の宣伝など)に、すぐに支払うわけではありません。

作成時に請求が発生するのではなく、広告が掲載されると広告料金が発生し、その料金が後日請求されます。

この広告料金の請求は、請求単位達成したときか毎月の請求日に請求されるようになっています。

Facebook広告請求の仕組み

Facebook広告の料金が請求単位額に達するたびに、Facebookから請求されます。

Facebook広告を始めたばかりの時は、請求額は自動的に少額で設定されます。

例えば、広告アカウントで請求単位額を3,000円に設定し、最初の広告を作成するとします。

広告が掲載されると料金が発生します。

未払いの広告料金が3,000円に達すると、Facebookから3,000円が課金されるという仕組みです。

Facebook広告の予算の決め方については、下記記事を参考にして下さい。

関連記事:Facebook広告の予算目安を決めよう!【広告を出すには最低いくら必要!?】

まとめ

Facebook広告の支払い方法について紹介させて頂きました。

Facebook広告の支払い設定をきちんと行わないと広告が配信されませんので、設定は慎重に行いましょう。

支払い方法の設定方法などが分からない、Facebook広告の運用をお願いしたい!

という方は、弊社までお気軽にお問合せ下さい!無料にて相談に乗らせて頂いております。

アドトラへの無料相談はこちら!