TikTok広告の費用相場はどのくらい?安くするための方法について解説

TikTok広告の費用相場はどのくらい?安くするための方法について解説

「TikTok広告はどのくらいの費用が掛かるのだろう?」
「TikTok広告の費用を抑えるにはどうしたらいいのだろう?」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、TikTok広告の費用について詳しく解説させて頂きます。

TikTok広告とは?

TikTok広告とは、ByteDance株式会社の運営アプリに配信する広告のことです。

また、TikTok広告には運用型広告と純広告の2種類があります。

TikTok広告の純広告は、下記のようなものがあります。

  • ハッシュタグチャレンジ
  • 起動画面広告

もともとは、インフィード広告も純広告でしたが、現在では運用型広告として取り扱われています。

TikTokの運用型広告は、「TikTok Ads」と呼ばれます。

関連記事①:Tik Tokの運用型広告⁈「Tik Tok Ads」とは?出稿方法も詳しく解説します!

関連記事②:【動画アリ】純広告とは?メリット・デメリットも解説!

TikTok広告の費用相場はどのくらい?

TikTok広告の費用相場に関しては、上で解説した運用型広告か純広告かで大きく違います。

加えて、費用形態も下記のように違います。

  • インプレッション課金型
  • クリック課金型
  • 期間契約型
  • 再生課金型

配信形態ごとに解説していきます。

【TikTok広告の費用形態1】ハッシュタグチャレンジ

TikTok広告におけるハッシュタグチャレンジにおいて、費用形態は4つに分かれています。

何故なら、4つのプランがあるからです。

基本的なプラン、ブランディング用のプラン、格安プランなどがあります。

それぞれに費用は下記のような形となっています。

スタンダードチャレンジ1,500万円
ハッシュタグチャレンジプラス1,700万円
バトルハッシュタグチャレンジ2,000万円
ベーシックハッシュタグチャレンジ1,000万円
TikTok広告におけるハッシュタグチャレンジの費用

期間契約型で、2か月間の配信となります。

それぞれのプランの詳細については、ハッシュタグチャレンジについて詳しく解説した記事を参考にしてみてください!

関連記事:ハッシュタグチャレンジ広告とは?事例も合わせて紹介!

【TikTok広告の費用形態2】起動画面広告

TikTok広告における起動画面広告

起動画面広告に関しては、ハッシュタグチャレンジと同様に純広告としての取り扱いです。

そのため、期間契約型という形です。

契約期間は1日間で契約できる形です。

起動画面で配信されるため、TikTokを起動したユーザーに確実に見て頂くことが可能です。

そのため、効果としてはテレビCMに近く、スピード感をもって認知向上を行いたい場合には、非常に効果的な配信形式です。

費用形態インプレッション課金型
契約単位1日
費用770円/1,000imp
想定費用500万円程度
費用の変動要因なし
効果スピード感のある認知度向上
TikTok広告における起動画面広告の費用形態

【TikTok広告の費用形態3】TikTok Ads

TikTok Adsでは、基本的にインフィード広告です。

また、TikTok以外にも下記のようなアプリにも配信を行うことが可能です。

TikTok Adsで配信可能なアプリ
TikTok Adsで配信可能なアプリ

運用型広告の為、1円からでも配信が可能で上記で紹介したような、予算は捻出できない小~中規模の事業者におススメの配信形式です。

加えて、運用型広告の為、細かいターゲティング設定も可能です。

基本的に純広告の方は、圧倒的リーチ数を稼ぐことが出来ますが、細かいセグメントは出来ません。

認知向上が目的でない場合には、運用型広告であるTikTok Adsの方が高い効果を発揮するでしょう。

費用形態インプレッション課金型、クリック課金型、再生課金型
費用100〜1,000円/1,000imp
30〜100円/クリック
5〜60円/再生
費用の変動要因ターゲティング:競合性が高いユーザーほど単価が高騰。
効果販売促進
TikTok Adsの費用形態

TikTok広告の費用を抑えるには?

TikTok広告においては、費用を抑える方法がいくつかあります。

特に純広告の方では、コツがありますので、参考にしてみてください。

【TikTok広告の費用を抑える方法1】大量発注

まず1つ目は大量発注です。

TikTok広告にあるメニューを複数発注することで、割引してもらえることがあります。

先ほど、紹介したような起動画面広告やハッシュタグチャレンジはもちろん、オプションメニューなどもありますので、検討してみましょう。

【TikTok広告の費用を抑える方法2】継続発注

継続発注を行うことで、割引を行ってもらえる場合があります。

そのため、最初から長期的なプロモーションを行う場合や、以前TikTok広告を実施し、効果がある程度証明されている場合には、継続発注を最初の時点で契約してしまうのが良いと思います。

もちろん、継続期間が長ければ長いほど割引率も高くなる傾向があります。

【TikTok広告の費用を抑える方法3】代理店に依頼

TikTok広告以外にも、広告を発注する予定がある場合には、代理店にまとめて依頼することで、営業コストを下げることが可能になります。

また、代理店によっては格安料金で発注できる場合があります。

そのため、代理店への手数料は人件費と考え、代理店に依頼してしまうのも一つの手といえます。

【TikTok広告の費用を抑える方法4】最適化クリック課金型を使用する

TikTok Adsでは、最適化クリック課金型を設定することで、ユーザーのコンバージョン確率に応じて入札単価が随時最適化されます。

クリック単価の高騰を防ぐことが可能になるため、運用もしやすく、予算も抑えやすいです。

まとめ

今回は、TikTok広告の費用について解説させて頂きました!

TikTok広告では、純広告と運用型広告があるため、配信方式に合わせた最適化が大切です。

特に運用型広告では、様々な最適化が必要になるため、工数もかかるでしょう。

もし、リソースが足りないような状態である場合には、代理店に依頼してしまうのも一つの手です。

Web集客を検討中の方は、是非弊社の無料相談をご利用くださいませ。

アドトラの無料相談はこちら!